ミジンコだって恋をする 進化論2

下の「シマウマはなぜ縞々か」に関連して。

様々な動物のおもしろい生態がわかってきて、最近はあまり聞かなくなったけど、脳の小さい生き物をさして「下等生物」と言うことがある。ほ乳類、その中でも霊長類が進化の最先端を行っている、というような考え方だ。

この「下等生物」という言葉には、脳が小さな生き物には、自分の意志とか、喜びや悲しみなどはなく、本能のままに生きている、というようなニュアンスが含まれている。

そして、考える脳をもった我々は、不便なことがあれば「考えて」改善し、願いがあれば「考えて」願いを叶えてきたわけで、考える脳を持たない「下等生物」は、たまたまラッキーな出来事がなければ進化はしないだろう、ということになる。

でもそうだろうか。私たちは多細胞生物だけれども、細胞の数が少ない生物もなかなかすごいことをしてくれる。タイトルのミジンコも、普段は細胞分裂(いわゆるクローン)で増えていくけれど、無限に分裂できるのではなく、その回数には限界がある。

そしてその限界が近づくと(その回数をどこで記憶しているのかが興味深い)、出身地の違うミジンコを求めてさまよい、出会えたらば2つある核のうちの一つを交換しあって、全く新しい人格(ゾウリムシ格?)として生まれ変わるのだ。

ここに、有性生殖の原点があるという。

ゾウリムシに私たちと同じような「意志」があるのかといえば、おそらくないであろう。しかし、ゾウリムシは単細胞生物でありながら、まるで多細胞生物の口や胃や肺など臓器のような仕組みが備わっている。

私たちはこのような単細胞がたくさん集まってできた、多細胞生物なのだ。私たちは、願い事をするときは、心の中で、意識的に行うものだと思っているけれど、もしかしたら体のどこかにある細胞が「願って」いるのかもしれない。

ストレスによってまぶたなどがけいれんを起こした時など、これは意識して起こしているわけではないけれど、ストレスの原因は何だろうと、意識して認識することはできる。

願い事を「意識」しなければ願いは叶わないのか、それとも「無意識」のうちに願っているのか、もしも後者もあり得るのならば、動物の進化は細胞レベルの「願い」から起こると考えてもいいだろう。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://saikyo.la.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/137

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません)

最近のコメント