シマウマはなぜ縞々か 進化論

先週ぐらいだったかな、ラジオ(795)を聞いていたら、パーソナリティーが進化論について話していた。

シマウマが何で縞々になったか(肉食動物の目をごまかすため)、という話の後で、「でも、シマウマがまだシマウマになる前、自分で『俺のからだが縞々だったらいいのにな~』って願っていたとは思えないよね」と言っていた。

確かにそれはそうだ。キリンの首がなぜ伸びたかについても、

  • 木の実を食べているうちに、首の短い物よりも長いものの方が有利で、集団の中でそういう遺伝子をもっているものが生き延びていった
  • 木の実を食べているうちに、だんだんと集団全体の首の長さが伸びていった

という2通りの説がよく紹介されているけど、これは「もっと首が長かったらいいのにな」と願ったはずである。

シマウマが何で縞々になったのか。シマウマは縞々を願ったのか。

シマウマが暮らしている世界には、植物などで、縦縞で奥行きがわかりづらかったり、錯覚を起こしてしまうような物があるかもしれない。私たちも、道路脇の柵とか手すりとか、一瞬、奥行きがわからなくなることがある。

ましてウマは顔の両側に目がついているので、物を立体的にみている視野がとても狭い。もしかしたらシマウマは、無意識のうちに縦縞のものは見づらいということを脳の中にため込んでいて、それが体に表れた・・・。うーん、わからん。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://saikyo.la.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/136

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません)

最近のコメント