人体再生スペシャル2

昨夜放映されていた番組。

  1. 事故で腕を失った男性が、腕の神経を胸にうつして、その信号を読み取って動く、義手をつけて生活しているという話。
  2. 生まれてまもなく脊髄損傷を起こし、下半身が動かなかった少女が、親の必死のリハビリで、今では歩行器を使いながらも、立って歩けるようになった話。
  3. 事故で視力を失った男性が、脳に電極を埋め込んでカメラの画像を直接、脳に電気信号で送るという手術を受けたが、最終的には使わなくなってしまったという話。
  4. バックトゥーザヒューチャーなどでおなじみのマイケル・J・フォックスの、パーキンソン病であることをカミングアウトするまでの話。同じく、日本人でパーキンソン病とたたかう男性の話。
  5. 交通事故で脳に損傷を負い、短期記憶とともに悩むこともなくなってしまったが、それは幸せなことなのかどうか、という話。

3.の、デジカメからの電気信号を直接脳に伝える手術を受けた方の話は、先日のNHKでも放映されていましたが、NHKはサイボーグ技術の進化という視点だったのに対し、こちらはその技術がまだ不完全で、この方を幸せにするものではなかったという視点で、対照的でした。

脳に電極を埋め込んで電気信号を送るとものが見えたり、胸に腕の神経を埋め込むと、胸を触られているのにひじを触られているような感覚がしたりと、人間とは、脳とは何なのだろうと、考え込んでしまいました。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://saikyo.la.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/135

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 人体再生スペシャル2:

» マイケル・J・フォックス (俳優) 送信元 語録ちゃんねる
「長い間、待っていれば良いことがあると思っていた。でも答えは自分で見つけるものだと気付いた。」 [詳しくはこちら]

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません)

最近のコメント