2006年04月

北海道展 スイーツ

というわけで、恒例の撮影会(今回はすべて相方が撮影)

柳月(りゅうげつ)の「十勝高原フロマージュ」

DSCF0931 DSCF0936

(でもこれって、パッケージから中身まで、ルタオのドゥーブルフロマージュとそっくり)

ロイズのチョコパウンドケーキ、「アソートメント・ガトー」

DSCF0937 DSCF0940 DSCF0942

これもロイズでバームクーヘン

DSCF0945 DSCF0956

六花亭の「おふたりで」

DSCF0959 DSCF0962

あと、写真には撮っていませんが、ルタオの「ショコランジュ」を買いました。

最後に、スイーツではありませんが、夕飯用に、海鮮丼。

DSCF0966

テレビのジャンル

むかし、英会話教室で「どんなテレビがすき?」というテーマで話したことがあった。

その時、私は「ドキュメンタリー」という言葉が思いつかなかった。というか、思い浮かばなかった。スポーツ、バラエティー、ドラマ、グルメ、クイズ、ニュース、天気予報、アニメ、そんなことを言ったあと、じゃあ先生は?と尋ねたら、「ドキュメンタリーだ」と返ってきた。

そっか、ドキュメンタリーがあったか。知的な回答でいいなあと思った。フィクションもおもしろいけれど、ノンフィクションの方が好きな割に、この言葉が出てこなかった。

医療刑務所を取材した、TBS「報道特集」をみながら、そんなことを思い出した。

ミジンコだって恋をする 進化論2

下の「シマウマはなぜ縞々か」に関連して。

様々な動物のおもしろい生態がわかってきて、最近はあまり聞かなくなったけど、脳の小さい生き物をさして「下等生物」と言うことがある。ほ乳類、その中でも霊長類が進化の最先端を行っている、というような考え方だ。

この「下等生物」という言葉には、脳が小さな生き物には、自分の意志とか、喜びや悲しみなどはなく、本能のままに生きている、というようなニュアンスが含まれている。

そして、考える脳をもった我々は、不便なことがあれば「考えて」改善し、願いがあれば「考えて」願いを叶えてきたわけで、考える脳を持たない「下等生物」は、たまたまラッキーな出来事がなければ進化はしないだろう、ということになる。

でもそうだろうか。私たちは多細胞生物だけれども、細胞の数が少ない生物もなかなかすごいことをしてくれる。タイトルのミジンコも、普段は細胞分裂(いわゆるクローン)で増えていくけれど、無限に分裂できるのではなく、その回数には限界がある。

そしてその限界が近づくと(その回数をどこで記憶しているのかが興味深い)、出身地の違うミジンコを求めてさまよい、出会えたらば2つある核のうちの一つを交換しあって、全く新しい人格(ゾウリムシ格?)として生まれ変わるのだ。

ここに、有性生殖の原点があるという。

ゾウリムシに私たちと同じような「意志」があるのかといえば、おそらくないであろう。しかし、ゾウリムシは単細胞生物でありながら、まるで多細胞生物の口や胃や肺など臓器のような仕組みが備わっている。

私たちはこのような単細胞がたくさん集まってできた、多細胞生物なのだ。私たちは、願い事をするときは、心の中で、意識的に行うものだと思っているけれど、もしかしたら体のどこかにある細胞が「願って」いるのかもしれない。

ストレスによってまぶたなどがけいれんを起こした時など、これは意識して起こしているわけではないけれど、ストレスの原因は何だろうと、意識して認識することはできる。

願い事を「意識」しなければ願いは叶わないのか、それとも「無意識」のうちに願っているのか、もしも後者もあり得るのならば、動物の進化は細胞レベルの「願い」から起こると考えてもいいだろう。

シマウマはなぜ縞々か 進化論

先週ぐらいだったかな、ラジオ(795)を聞いていたら、パーソナリティーが進化論について話していた。

シマウマが何で縞々になったか(肉食動物の目をごまかすため)、という話の後で、「でも、シマウマがまだシマウマになる前、自分で『俺のからだが縞々だったらいいのにな~』って願っていたとは思えないよね」と言っていた。

確かにそれはそうだ。キリンの首がなぜ伸びたかについても、

  • 木の実を食べているうちに、首の短い物よりも長いものの方が有利で、集団の中でそういう遺伝子をもっているものが生き延びていった
  • 木の実を食べているうちに、だんだんと集団全体の首の長さが伸びていった

という2通りの説がよく紹介されているけど、これは「もっと首が長かったらいいのにな」と願ったはずである。

シマウマが何で縞々になったのか。シマウマは縞々を願ったのか。

シマウマが暮らしている世界には、植物などで、縦縞で奥行きがわかりづらかったり、錯覚を起こしてしまうような物があるかもしれない。私たちも、道路脇の柵とか手すりとか、一瞬、奥行きがわからなくなることがある。

ましてウマは顔の両側に目がついているので、物を立体的にみている視野がとても狭い。もしかしたらシマウマは、無意識のうちに縦縞のものは見づらいということを脳の中にため込んでいて、それが体に表れた・・・。うーん、わからん。

人体再生スペシャル2

昨夜放映されていた番組。

  1. 事故で腕を失った男性が、腕の神経を胸にうつして、その信号を読み取って動く、義手をつけて生活しているという話。
  2. 生まれてまもなく脊髄損傷を起こし、下半身が動かなかった少女が、親の必死のリハビリで、今では歩行器を使いながらも、立って歩けるようになった話。
  3. 事故で視力を失った男性が、脳に電極を埋め込んでカメラの画像を直接、脳に電気信号で送るという手術を受けたが、最終的には使わなくなってしまったという話。
  4. バックトゥーザヒューチャーなどでおなじみのマイケル・J・フォックスの、パーキンソン病であることをカミングアウトするまでの話。同じく、日本人でパーキンソン病とたたかう男性の話。
  5. 交通事故で脳に損傷を負い、短期記憶とともに悩むこともなくなってしまったが、それは幸せなことなのかどうか、という話。

3.の、デジカメからの電気信号を直接脳に伝える手術を受けた方の話は、先日のNHKでも放映されていましたが、NHKはサイボーグ技術の進化という視点だったのに対し、こちらはその技術がまだ不完全で、この方を幸せにするものではなかったという視点で、対照的でした。

脳に電極を埋め込んで電気信号を送るとものが見えたり、胸に腕の神経を埋め込むと、胸を触られているのにひじを触られているような感覚がしたりと、人間とは、脳とは何なのだろうと、考え込んでしまいました。

すみれ

PA0_0117

今回はレストラン街の食堂へ。
カップ麺でしか食べたことがなかったけど、ちょっと油っぽくてもう少しコクが欲しいな、っていう感じ。
麺がスープよりも熱く感じたのにちょっとビックリ。

コロッケで一杯

幸せ~(相方)
ああ、素晴らしいゴールデンウィーク(^o^)

北海道展へ

もう常連さんと化してるな(^_^;)

チーター で エンカウンター

ロンドンブーツの二人が司会をしているクイズ番組、チーター。

見ていてふと、これってクラス開きのときとか、友達作りなどでよくやるエンカウンターのひとつとして使えるかも、と思いました。

残念ながら、今年度私は現場を離れているのですぐには試せませんが、多少アレンジして、司会役と5人の回答者というグループでやらせてみたり、あるグループを前に出して、どんな意見をしあうのか周りで観察してみたり、あとでチーターに指名された人に感想を聞いてみたり、けっこう面白いんじゃないかと思います。

だれかきっと同じようなことを考えている先生がいると思うので、実践報告をしてもらえないかな。

時間の価値

毎日ものすごい量の不要なメールが届く中、初めて秀逸なものに出会ったので紹介します。

タイトル 「時間の価値」

1年の価値を知るには
卒業試験に落ちた学生に 聞いてみなさい

1ヶ月の価値を知るには
未熟児を産んだお母さんに 聞いてみなさい

1週間の価値を知るには
週刊誌の編集者に 聞いてみなさい

1時間の価値を知るには
会うのが待ちきれない恋人達に 聞いてみなさい

1分の価値を知るには
電車やバス、飛行機に乗り遅れた人に 聞いてみなさい

1秒の価値を知るには
事故で生き残った人に 聞いてみなさい

千分の1秒の価値を知るには
オリンピックで銀メダルを獲った人に 聞いてみなさい

時間は待ってくれません
あなたの持っている全ての時間を大切にしなさい

-------------------

と、ここまでですが、そのあとでたぶん出会い系のサイトと思われるリンク先が記されておりました。

なかなかでしょう、この詩。誰が考えたのか、もしかしたらもともと何かそれ系の勧誘のチラシにでも載っていたのかも知れませんね。

成分解析

こちらのサイトに、「成分を分析した結果がここに出ます 例)バファリン」と書かれていたので、試しに「カコナール」と入力してみた。

「カコナールの55%は波動で出来ています」

出たーーーーー! 波動!

いっぺんでこの「おもちゃ」の怪しさが分かったので、試しに「よいち」と入力してみた。

よいちの66%は純金で出来ています
よいちの24%は知恵で出来ています
よいちの9%はマイナスイオンで出来ています
よいちの1%は濃硫酸で出来ています

おおー! 純金! 知恵! マイナスイオン!
いいものばかりじゃん。すごいぞ、俺。

そこで、本名をひらがなで入れてみた。すると・・・

○○○○○○の76%はやらしさで出来ています
○○○○○○の13%はマイナスイオンで出来ています
○○○○○○の6%はお菓子で出来ています
○○○○○○の5%はミスリルで出来ています

あはははははは! 面白すぎる!!
せこいぞ、俺! (けっこうあたってるかも)

たまげる

日常生活であまり経験することはありませんが、テレビを見ていると毎週たまげることができます。

それは、TBS日曜日の「噂の東京マガジン」の料理コーナー(書道のコーナーもあったね)。ああ、なんだ、と思った方も多いでしょうね。

かつては、「これは実はちょっと手の込んだ料理を出題して、『若者はこんなに馬鹿なんだぞ』ということを晒して満足している意地悪な大人が作っているんだ」、と思った頃もありましたが、やっぱりめちゃくちゃやる若者も多いんだね。

良くないなあと思うのは、知らないのに知ったかぶりしてめちゃくちゃをやる子。そして、ひどい言葉遣い。女の子なのに、とは言えない時代になったけど、「うまそう」とか「こんなのくえねえ」とか。テレビに映っているという意識はあるのだろうから、普段から使っているんだろうなあ。

番組は違うけど、「愛のエプロン」でインリンが、それはやらせだろう、というようなめちゃくちゃな料理(とは言わないな、あれは)を作るけど、それに勝るとも劣らないことをやっていると思う。

気持ちが滅入る番組のひとつだね、これも。

ソファがほしい

無印(良品)のビーズソファ、いいですね。店頭で座ってみたことありますか?

こちらの商品なのですが、どんな姿勢で座っても自分の体になじみます。斜めに体を打押せば肘掛や枕が自然とできるのです。ぽんと腰をかければ普通にベンチっぽくなるし、その体制からゆっくりとグズグズと前に腰をずらしていくと、体を包み込むようなソファになります。

隣では、小学生が「ねえねえ、これ気持ちいいよ!」と親に訴えかけています。でも親は「ここで休まないでくださいって書いてあるでしょ!」・・・うーん、そうじゃないと思うんだけどなあ。

で、これいい!ほしいっ!と絶賛する私に、相方は「立ち上がりづらい」と一言。うーん、確かにそうだ。腕を立てて上体を起こそうとすると、腕もずぶずぶと埋まっていってしまうので、ひざに腕を突いて立ち上がるしかないのですが、ちょっとコツがいりそう。

というわけで、欲しいけど要らない(「賛成の反対なのだ」、みたいだな)リストに加わったのでした。

しゅうかつ(就活)

自分の頃、十数年前にはなかった呼称、略称じゃないかな、と思います。最初聞いたときは一瞬なんだろう、と思いましたが、そういう目で見てみると、デパートのスーツ売り場なんかでも「就活フェア」なんて書いてあったりします。

就職活動・・・略するほどの単語かなあ。

学生の会話を聞いていると、「その日は就活で来れないんですけど」という感じ。そもそも「来れないんですけど」と言っている時点で私はうっとなってしまうのだけど、まあこれはおいといて、こういう略称が使われる昨今、就職活動そのものもなんだか色々と略されて、軽くなってしまっているような、そんな気もします。

チーター

もう、忘れたころの更新で、おまけにテレビネタと食べ物ネタしかなくて恐縮ですが・・・。

ロンドンブーツが司会をしている番組って、いわゆる「よろしくない」番組ばかりかと思っていたら、このたび深夜からゴールデンタイムに移ってきたというクイズ番組「チーター」はなかなか面白かったです。

ブログの女王、眞鍋かをりに至っては、自分が誤解されたことで泣き出す始末。ああ、子どものころ、こういう子っていたよなあ、と彼女の性格の一端が垣間見えた気がしました。

ただ、自分が「きっとこの人がチーターだ」と直感的に思った人がことごとく外れ、「え、この人だったの!?」ということが多く、こりゃ何かあったときに直感で人を疑ったらまずいな、と反省させられました。

前に、お酢とりんごジュースを用意して、「お酢を飲んだのは誰だ」というタイトルで、演技することに挑戦してみようというのをやってみたけど、一口とはいえ、りんごジュースが飲みたいという気持ちでクイズそっちのけになってしまい、あまりうまくいきませんでした。

読み聞かせや紙芝居とかでもいいのですけど、体全体を使った演技に挑戦させるって、中学生ぐらいの子たちには難しいんだなあ、と思ったものでした。

ゴリエダンス大会

少し前の話になりますが、テレビでゴリエ杯を見ました。

実は私もちょこっと練習したことがあって、ゼイゼイハアハアいいながら「ゴリエはすごい!」と感心したものですが、ちびっ子はさらにすごい。どこにそんなエネルギーがあるのか、お前たちは光子エネルギーなのか!?(「プルートゥ」より)

泣く子も黙る厳しい練習、インストラクターや親との絆、なんでもそうですが、一生懸命がんばる姿は本当に美しい。心から拍手を送りたくなるし、ジーンときますね。

個人的には「ガムQ」が技能・面白さとも抜群かと思いましたが、パワフルエンジェルズも将来が楽しみ。どういう中高生時代を経てどんな大人になっていくんだろうなあ。

豚カルビうどん

ひとりで東急ハンズをブラブラしたあと、何を食べようかなあと池袋サンシャイン地下へ。そして立ち寄ったのがこちら

3時からの男性3千円で焼肉食べ放題、ビール飲み放題もあってぐっと来ましたが、ひとりでは挑戦できないし、虚し過ぎます。

というわけで、食べたのはこちら。ラーメンもあります。

上質な豚カルビがゴロゴロ入っていてお得。写真で見るよりも辛くなく、スープにはうまみがたっぷり、飲み干したくなるのをがまんがまん。

というわけで、サンシャインに行かれた時にはお勧めです。

ホワイト餃子

本川越店へ。 しかしこちらの店舗一覧に載っていないのは何でだろう。

ラーメンは・・・普通でした。可もなく不可もなく、という感じ。そして看板のホワイト餃子は、

これが1人前の8個。ラーメン1杯ずつとこれを半分ずつ食べましたが、にら饅頭ぐらいの大きさがあり、これとライスでお腹いっぱいになるだろうと思います。

ところが隣に来たカップルは、ラーメン1杯を半分ずつにしていた後、なんとそれぞれが12個ずつ食べていたのです。12個!すごいなー。

横浜市内にも一軒あるよ。
いつも20個とビールで
おいしいんだ

chaofanさん、コメントどうもありがとうございます。

ビールで食べたらおいしいでしょうね!20個、いけそう・・・かな。お皿にてんこ盛りで、月見団子みたいでしょうね。

スープカレー

近場にスープカレーのお店ができたというので行ってまいりました。

サッポロスープカリー Buzz curry&cafe

辛さは4段階で中辛までは無料、ライスの量も大盛りまでは無料(つまりもっと大盛りがあるのです)と、サービス満点。

中辛を食べてみましたが、ジャワカレーの中辛ぐらいでしょうか、のどの奥にヒリッときますがほどよい辛さでした。

豚肉もやわらかく、ブロックがたくさん入っており、野菜にもしっかりカレーの味がしみこみ、なにより卵の半熟具合が絶妙。おいしいです。

ライスをスプーンですくい、スープにちょっと浸して食べましたが、口の中でご飯がすぐにほぐれて、あまりかまずに飲み込んでしまえるのが玉に瑕? どんどん食べられてしまいます。

大戸屋にもスープカレーができましたが、先日訪れたときに店内がいっぱいだったので入らずにあきらめて良かったかも。

尼崎列車事故から1年

昨夜、NHKで放映された、この事故で母親を失った父子のこの1年を追ったドキュメンタリーを見ました。

この1年間、こういう思いをして過ごしてきた方、ご家族が他にも大勢いるのだと思うと、胸が締め付けられる思いがしました。

ただ、昨年末に交代したJR西日本の新社長がこの家族を訪れたときの会話は、耳を疑ってしまうようなものでした。

「事故がなければ安全は向上しないとも言いますが」とか、「他のご遺族にも・・・といわれた」とか、デリカシーもカウンセリングマインドも微塵も感じれない対応にいたたまれなくなってしまいました。その後のご家族も憮然としていたのは当然だと思います。

こういう番組には作り手の意図が多少なりとも入っているものですが、それにしても残念で仕方がないという気持ちです。

ウニの瓶

うに、好きですか? 瓶詰めの買ったことありませんか?

そして、ふたを開け、キャップをはずしたとき…

「なんだよ、これっぽっちかよ!」

って思わず声に出して言ってしまった人、

私もそのひとりでした。

そのしくみを暴きます。下の写真をクリックしてご覧下さい。

Sany0015_1 

これは、コピー用紙を丸めて瓶に差し込んだ状態です。

見事、ウニが入っている部分が横に膨張して見えています。

なんでこんなふうに見えるのでしょう…。

こんばんは。ごぶさたしてます。
この間、takashiさんが福岡に遊びに来た際、URL教えてもらいました。
私もうに、大好きです。しかも塩うに。この間、対馬に出張したときも買いました。この写真のように中身は見た目よりも少ない。でも、うにって1粒が小さいから、瓶一杯に詰めるのって結構大変じゃない。だから、せめて見た目だけでも買ってくれた人に満足してもらえるよう、工夫しているんじゃないかいな。なんてね。
それでは、新学期がんばってください。

こんばんは、知3さん。お久しぶりです(^o^)/

コメントどうもありがとう。思わぬところで繋がってとても嬉しいです。

うにの瓶のしくみは光の屈折を利用したものだけど、これは今は中1の理科で学習します。できれば理科室で実験を行うときの班の数(9班)だけ瓶が用意できればいいのだけど、そうそう買うものではないから2つしかありません(^^;

でもこの瓶ってうににしか使われていないだろうから、けっこうコストもかかってるんじゃないかな、って思います。リサイクルしているのかな。

おお、なんだかつながっている。
うれしいのだぁ。新学期ですね。頑張ってください!
また、名古屋にも遊びに来てね(^^)

地震雲?飛行機雲?

昨日、日本テレビで放映された、もしも東京直下型地震が発生したらというドラマ。冒頭、テレビ局員が専用モニターに映った飛行機雲を見て、
「これって地震雲かなあ」
「そういう説もあるけどよく分からないらしいよ」
などと言うやりとりの直後に地震が発生。

これでは「そういう説もあるらしいよ」もなにも、まるで地震雲の存在を肯定してしまってはいないだろうか。

確かに解明されていない分野だけれども、少し前には全国紙の新聞にも写真が載ってしまったり、マスコミとしては地震雲は「アリ」だと思っているようだなあ。

TOSSデー初参加

日曜日、県内のある中学校で行われた理科の実践事例発表会に参加。こういう民間のサークルに参加するのは初めて。

全国から、理科教育に情熱を注ぐ先生方が集まり、いろいろな実践を紹介してくれました。骨伝導のしくみを体験する授業など、いますぐ生徒に教えてあげたくなるようなものばかりで、大変勉強になりました。

会場となった理科室も、まるで体験学習ができる博物館のようにすばらしい経営がされており、なるほど日本一の理科室とはこういうものかと、圧倒されてしまいました。

この1年、私は現場を離れて研修になりますが、いろいろな方の授業などを見せていただいて、よいものをどんどん取り入れていきたいと思っています。

メモ

コンビニなどで売っている、透明な傘を使って説明すると分かりやすそうなもの

  • 地球の自転と天球の動きの関係
  • 星の動き
  • 内惑星の満ち欠け
  • 右ねじの法則