2006年03月

劇的ビフォーアフター

なんかテレビネタの続く今日この頃…。

昨日は、細い路地の先端の、なんと鋭角18度という三角形の土地8坪に建つ、大正から続いているという鶏肉屋さんのリフォーム。

感動しました。ただただ狭い土地を有効活用するだけでなく、老夫婦のために愛情いっぱいの工夫を凝らしたリフォームに、こういう設計士さんがたくさんいたら日本は暮らしやすくなるのにな、と思いました。

あまりの素晴らしいリフォームに、若大将が始めるつもりだった焼き鳥の焼き場に、引退しようと思っていたおじいちゃんが意気揚々と立って焼き始めてしまったのが微笑ましかったです。

スタジオのゲストも「一度行ってみたい!」と言ってたけど、私も行ってみたいな。

アスベスト問題で時々スペシャルでしか放映できなくなってしまうのが残念ですが、良質な番組の1つですね。

左手の法則

が、東京ガスの「ガスパッチョ」で登場したと思ったら、ガムのCMでも堂本剛くんがなんかいろいろやってる。何で今、左手の法則なんだろう。

きっと、インパクトはあっても3本の指がそれぞれ何を表しているのか全然覚えてない人が多いんだろうな。

電、磁、力、だからなに?みたいな

そういえば、ガスパッチョのCMでフレミング役で登場する外国人男性、最近違うCMでもなんかレーサーの格好をして登場している気がする。

約1ヶ月ぶり

の更新になってしまいました。外はすっかり春らしくなって日も延びたなあと思ったら、もうすぐ春分。そうそう、春分の頃に日が延びたって感じるのは、きっとこのころの日照時間の変化率が一番大きいからじゃないかな。

あと2週間だね、なんて言っていた3年生があっという間に卒業していった。スキー教室や3年生を送る会(“あれ”は本当にしんどかった)とかあったけど、なんだか最後はあっけなかったな。みんながいなくなってがらんとした教室…教室って掲示物がなくなると音の反響も変わる気がする。

女王の教室 特別編

昨日今日と2夜連続で放映されていましたが、私は本編のドラマは全然見ていませんでした。というより、基本的に学校を舞台にしたドラマは見る気がしません。現実を無視しておちゃらけているか、問題点を誇張しすぎているかのどちらかで、見ていて胸くそが悪くなるからです。

なんて言いながらも、しゅう君の熱演が光った最後の金八先生シリーズは見てしまったりするのだけど、今回この女王の教室を見てみたいと思った理由はただ1つ、そのサブタイトルがスターウォーズを思い起こさせたから。

真矢先生はアナキン・スカイウォーカーみたい。夢や希望に満ちていた時代から、愛するものを失って鬼と化してゆく。あの黒装束はきっとダースベーダーを意識していると思います。そんな彼女が登場するときの音楽はダースベーダーのテーマがぴったりなんじゃないかな。そして鼻息は「コーーッ、フォーーーッ」って。

それにしても都教委の再教育センターの指導主事が石原良純というのも面白い。まじめな話、彼なんかが教師になったら面白いんじゃないかな。

それから、いじめられ役の男の子が、なんだかお笑いの塚地に似ていた気がするのは私だけ?

どうやって入れるの?

060323poo  「海ほたる」へ。UFOキャッチャーで取れたら風船に入れてくれるというので挑戦したところ、1発でゲット!(しまった、自分で増やしてしまった

UFOキャッチャーといえば、つい先日のトリビアで、クレーンを操る名人がUFOキャッチャーで50個の商品を全部とりきるのに使う費用は○円、っていうのをやってたけど、さすが、上手でしたね。

ところで、このプーさん、どうやって風船に入れるか、その装置を見たことがない人に考えさせたら面白いだろうなと思った。理科の題材としても使えそう。ちなみに、ふつうにいくら風船に空気を入れてふくらましても、口からぬいぐるみを入れようとした瞬間に空気は出て行ってしまいます。

海ほたるでは強風で吹き飛ばされそうでした。でも遠くまで見渡すことができ、三浦半島から富士山、ぐるっと回って筑波山や房総半島も一望できました。

写真の後ろをよく見ると、テレビ台の上にアンパンマン列車がのっています。1回300円のガチャガチャで6種類全部をそろえるのに、7回でできた(相方)というのはかなりラッキーだと思います。