トリノ五輪 越和宏選手

昨年11月に、NHKの『にんげんドキュメント』で40歳にして限界に挑戦し続ける彼のことを知った。先日、子どもたちに見せてみたところ、翌日の「生活記録ノート」(生徒一人一人の日記帳)に感想を書いてきた生徒が多かった。

感想を書いてきなさいと指示したわけではないのに、よほど胸を打つものがあったのだろう。試合はいつなのだろうとか、応援したいという声が多かった。

その越選手だが、日本時間の17日深夜~18日早朝にかけて出場し、1回目に9位、2回目のタイムとの合計で11位に終わった。課題であったスタートダッシュのフォーム改造を克服したが、もともと得意なコーナーリングでミスが出てしまったという。

結果は残念なものだったが、じんわりとした感動とさわやかな勇気をもらった気がする。教室にも彼の写真が大きく載っている新聞記事を掲示してやろうと思う。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://saikyo.la.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/108

 先日の新聞で、彼が現役引退をしないことを表明したという記事があった。

 これから4年、41歳の彼の決意は悩みに悩んだ末のものだろう。

 心からエールを送りたい。

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません)

最近のコメント