『ミュンヘン』

私を含め、70年代とはフォークソングの時代だと思っている方は、こちらで予習してから観ることをおすすめします。

スピルバーグ監督作品は好んで観ていますが、今回の作品は『シンドラーのリスト』の不条理さと、『プライベートライアン』の緊張感を足して2で割るところを2倍にしたような余韻が残りました。

パレスチナ側にもイスラエル側にも生身の人間がいることを描いたこの作品は、ちょっと道徳的すぎると賛否両論を巻き起こしているようですが、近隣諸国との関係がぎくしゃくしつつも平和ぼけしている日本人にとってはちょうどいい「課題図書」のような気がします。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://saikyo.la.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/103

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません)

最近のコメント