2006年02月

生っていいね

ビールでもチョコでもワサビでも、なんでもそうですけど、生っていいもんです。今日はコンサートに、それもクラシックのに行ってきました。いやあ、良かった。

一部の曲で、プロに混じって開催地の音楽家が混じって演奏する構成になっており、今回はうちの生徒も参加しています。練習は大変だったろうと思うけど、とてもいい経験になるでしょう。羨ましいです。

映像はハイビジョンになり、音声はサラウンドになっても、やはり本物にはかないませんね。日頃の雑音がたまった耳の中を、掃除してもらったような気分です。ありがとう、ト○くん!

おいすぃーつ!

PICT2135e

北海道展ならぬ、「京の老舗めぐり」へ。

写真は、京洋菓子のジュヴァンセルのもの。

  1. 手前のが「京のかけ橋(だったと思う)」…きな粉のババロアを求肥(ぎゅうひ)で包んだもの。
  2. 右のが「さがの路」…よもぎ餅を挟んだレアチーズを抹茶の求肥で包んだもの。
  3. 奥のは「栗みのる」…口に入れる前から栗の香りが漂う濃厚なモンブラン。

「ケーキ屋さんってなんて罪作りな職業なんだ!」 と、うれし泣きの相方。

このほかに買ってきたものは、

  • 生麩 (『麩太』:よもぎ味)
  • ゆずもち (『鶴屋吉信』)
  • 漬け物 (『大安』)
  • ふみか (『松榮堂』)

京都といえば、「一澤帆布」が経営権を巡る兄弟間のトラブルからしばらく生産停止だとか。いいものだけに残念。もちろん今回の物産展に出品はされていなかったけど、もしされていたら人気コーナーになること間違いないだろうなあ。

トリノ五輪 越和宏選手

昨年11月に、NHKの『にんげんドキュメント』で40歳にして限界に挑戦し続ける彼のことを知った。先日、子どもたちに見せてみたところ、翌日の「生活記録ノート」(生徒一人一人の日記帳)に感想を書いてきた生徒が多かった。

感想を書いてきなさいと指示したわけではないのに、よほど胸を打つものがあったのだろう。試合はいつなのだろうとか、応援したいという声が多かった。

その越選手だが、日本時間の17日深夜~18日早朝にかけて出場し、1回目に9位、2回目のタイムとの合計で11位に終わった。課題であったスタートダッシュのフォーム改造を克服したが、もともと得意なコーナーリングでミスが出てしまったという。

結果は残念なものだったが、じんわりとした感動とさわやかな勇気をもらった気がする。教室にも彼の写真が大きく載っている新聞記事を掲示してやろうと思う。

 先日の新聞で、彼が現役引退をしないことを表明したという記事があった。

 これから4年、41歳の彼の決意は悩みに悩んだ末のものだろう。

 心からエールを送りたい。

花の冠

saboten  職場のサボテンが花を咲かせました。

こんなふうに咲くなんて知らなかったけど、あまりにもかわいかったのでカメラでパチリ。

フレミング in ガスパッチョ

織田信長、ガリレオときて、次は誰かなあと思っていた東京ガスのCM「ガスパッチョ」。

うーむ、フレミングと来たか。こうなると制作者は中学生の親かな。でも「左手の法則」は今の学習指導要領では含まれていないんだなあ。「右ねじの法則」さえしっかり押さえておけばコイルの動きも誘導電流もバッチリなんだけどね…。

CMの内容ももう一ひねり欲しかったな。やっぱり織田信長がインパクトあり過ぎだったね。

TBありがとうございます。
ガスパッチョのCM、私も大好きです。
新作はフレミングでしたね。
右手の法則と左手の法則・・・、なつかしいです。(笑)
ぜひともこのCMはシリーズ化して、
歴史上の人物にどんどん登場して欲しい感じがします。
こちらも、さっそくTBさせていただきました。*^^*

ちょこわさん、コメントとTBありがとうございました。

さてさて、次は誰がタンスから出てくるでしょうね。外国人が続いたので、日本人でもいいですね。

妻夫木君としては、しずちゃんが出てきたら困っちゃうでしょうね。

では、今後ともどうぞよろしくお願いします(^o^)/

切り絵で雪の結晶

flake020501 最近ちょっとハマってるのがこれ。生徒の中にも知っているのがいるみたい。

雪の結晶のように、六角形の点対称な図形の切り絵がバーチャルで作れてしまうというサイト。世界中から寄せられる作品は1千万を超え、雪の結晶としては存在しないけれども、とてつもなく繊細な芸術作品が埋もれています。

いきなり紙を渡す前に、これで練習してから取り組ませてみるのも面白いかも。

WACOM BizTablet

先日、ちょっとプレゼンする機会があって、画面にあとから矢印なんかを書き込めたら便利だなと思って、こんなものを買ってみました。ワコムの「ビズタブレット」。ビックカメラで約4k。

価格コムでは「使えない」というコメントが多かったのだけど、飲み会1回分だと思って決断。さてその使用感は…(ドライバーはメーカーサイトからアップデート済み)

  • パワーポイントで、本体上部のファンクションキーを押して次の動作に進もうとすると、アニメーションが途中で終わってしまったり、2つ続けて動いてしまったりする。
  • ファンクションキーにはマウスのクリックボタンのようにいくつかの役割が与えられるけど、自分の好きなキー(スペースとかBSとか)を設定できるわけではない。

など、ちょっと不満な点が多いです。マウスの代わりにはなるけれど、それ以上のものとして使うには難しいかも。

『ミュンヘン』

私を含め、70年代とはフォークソングの時代だと思っている方は、こちらで予習してから観ることをおすすめします。

スピルバーグ監督作品は好んで観ていますが、今回の作品は『シンドラーのリスト』の不条理さと、『プライベートライアン』の緊張感を足して2で割るところを2倍にしたような余韻が残りました。

パレスチナ側にもイスラエル側にも生身の人間がいることを描いたこの作品は、ちょっと道徳的すぎると賛否両論を巻き起こしているようですが、近隣諸国との関係がぎくしゃくしつつも平和ぼけしている日本人にとってはちょうどいい「課題図書」のような気がします。