ブラウン管の人

死語について。

卒業文集でも作ろうか、という話しになって(学年としては時間がないから作らないようだ)、おきまりの「将来○○してそうな人」というページを考えていたときのこと。

私が「『10年後、ブラウン管の中の人になっていそうな人』ってどうだ?」と言ったら、すかさず「せんせ~、そのころにはブラウン管はないんじゃん?液晶でしょー」。

そうだよな、ブラウン管ってまだ死語じゃないけど、もう“絶滅危惧”語だな。

すでに、チャンネルは「まわす」ものではなくなっているし、死語って調べてみると面白いかも。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://saikyo.la.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/98

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません)

最近のコメント