天下一品ラーメン

…が、割合と近場にできたので行ってみた。というより、先日、京都の新京極の裏通りで二人で食べたあのこってりスープは「正解」だったのか、つまり本当にどこのお店でも同じ濃さなのか、ちょっと不安があったからだ。

 私は一抹の不安を隠しきれずに「あっさり味(の餃子定食)」を、相方が「こってり」に挑戦。出てきたのを食べた相方は、一瞬の沈黙の後、「あれで正解なんだ~」と複雑な顔。スープを一口もらってみたが、確かに京都と同じ味がした。

当たり前といえば当たり前なのだが、京都では店に入った時間も遅くて、「ひょっとしてこれはスープが煮詰まったものか、あるいは鍋の底のほうをすくったものなのではないか」と、二人して無言で食べながらも目で会話をしていたのである。

じっくり煮込んであると書いてあるけれど、何か粉っぽさすら感じるこのスープ。はたして関東では受けるのだろうか。そこは頻繁に店が入れ替わる場所だけに、今回の出店がいつまで続くのか、興味深いものがある。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://saikyo.la.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/92

天下一品、懐かしい。最近行ってないなぁ。
大学生の頃、大阪出身の友人に連れられ、今は無いみたいだけど千葉の店舗に行って、その時はまりました。

会社に入ってから、千葉には行けないので、電話帳で店舗を探して、江古田だったかな?に行ったこともあるな。その後、歌舞伎町に店が出来たので何回か行ったけど、店舗が増えて気軽に食べれるようになってから、いつでも食べられる!とあんまり行かなくなった。

その頃の噂では、フランチャイズだけに店舗によって味が微妙に違う、やっぱり京都の本店が美味しいらしい…とのこと。僕は京都の本店って行ったことないんだけどね。

懐かしいな。名古屋にもあるから一度行ってみようかな。

 ども、takashiくん。去年は本当にお世話になりました。先日、テレビで万博に毎日通ったという女性が、未だに会場のその後を見届けに時々通っている、という話しを見ました。会場で使われたバイオマス食器は全国の県庁などで使われているとか、会場のさまざまな資材も各地で再利用されているようで、さすが環境万博だなと思って見てました。

 さてさて天下一品ですが、私はあっさり味なら今後も食べていいかなと思ってます。こってりはちょっと粉っぽさが気になってきてしまいました。でも、厨房ではビニールパックからあのスープを鍋にとぽとぽとと注いでいたのが見えたので、基本的に味は同じなのだろうなあ。

 テーブルには「辛子ニンニク」と「辛子味噌」が備え付けてあって、前者を入れてみたのだけど
なかなかパンチが効いておいしかったよ。

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません)