箱根駅伝

首位を走っていたチームの選手にトラブルが発生し、フラフラになって、2位、3位の選手に抜かされながらも、ほとんど気力だけで次の選手にたすきをつないでいた。

「もし個人種目ならばとっくにリタイヤしていたでしょう。」というアナウンサーのコメントを聞いて、「いのちのリレー」みたいだなと思った。

自分にいのちをくれた人、自分と繋がる人の存在を感じないで生きていたら、なぜ生きているのか、生きることに意味があるのか分からなくなってしまうかも知れない。

インターネット上で新たに“繋がった”人と一緒に自殺をしてしまう事件が後を絶たないが、この「つながり」はたすきとは似ても似つかぬものであることは確かだ。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://saikyo.la.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/91

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません)

最近のコメント