2006年01月

飽くなき探求

今回の物産展ではラーメンを食すことが第1目的で、スイーツはまだ前回のが食べきっていないし買うことはないだろうと思っていたところ…

letao01 letao02 letao03

小樽はルタオの、ドゥーブルフロマージュのカボチャ味(ドゥーブルポティロン)発見!これは池袋東武のときには見かけなかったもの。一度通り過ぎかけたけれども気がつけば手提げ荷物の中に!

でも、おいしいです。ケーキ職人って罪作りだなあ。

ところで、パッケージのシールにこんなものを発見。

letao04

そう、これは小樽本店! 写真はこちら

間違いない!(長井風)

行ってきました、山頭火 in 北海道物産展。

santouka01 santouka02 

左が塩ラーメン、右があわせ味ラーメン。

開店前から並んで食べたのですが…

うらで一体誰がつくっているのか、もしかして一般の店員さんが家でラーメンを作る感覚で、持ち帰り用の麺を鍋でゆでて、たれを入れたどんぶりにお湯を注いでつくっているんじゃないか、そんなつくりでした。つゆも少々ぬるめだったし。

池袋東武での物産展では、ちゃんとラーメン屋さんがつくったような麺の盛りつけなのに対し、ちょっとお粗末な感じがするとは相方の弁。

味そのものは、あわせ味の方がコクがあっておいしかったです。

らーめん山頭火

えが、まるひろ川越店「第1回 冬の北海道物産と観光展」にやってくる!

まるひろの開店は10時、催事場内のラーメン屋さんは10時半開店。

塩味が中心だけど、「辛みそらーめん」と「あわせ味らーめん」は各日限定30食だってさ!どうする?>相方

それにしても、なぜ今回が「第1回」なんだろう。もう何度もやっているのに。今年初、ということか?としたら年内に3回も4回もやるのだろうか。

相方曰く、どうやらスイーツで目新しいものはないらしい。一安心。

コニカミノルタ

のデジカメを使ってるのだけど、この3月でカメラ事業から撤退するとの発表が。

コニカとミノルタが合併したときもそういうことがあるんだなあと思ったけれど、今回の発表にも驚かされた。

別に昔からの愛用者でもないし、今のデジカメもスペックや使いやすさから選んだだけなのだけど、出入りの業者さんも一押しの機種だけに、いいものを作っている会社が事業を続けられないのは本当に残念。

デジカメ部門はソニーに統合されるらしいけど、ソニーはアップルと同じように乗り換えたいけどなかなか乗り換えられないメーカーなので、今後の後継機種選びが難しくなるなあ。

なお、下でも書いたサンヨーのデジカメのレンズ部分はコニカミノルタ製だとか。デジカメの時代にはレンズよりもCCDに強いメーカーなんだなあ…。

ブラウン管の人

死語について。

卒業文集でも作ろうか、という話しになって(学年としては時間がないから作らないようだ)、おきまりの「将来○○してそうな人」というページを考えていたときのこと。

私が「『10年後、ブラウン管の中の人になっていそうな人』ってどうだ?」と言ったら、すかさず「せんせ~、そのころにはブラウン管はないんじゃん?液晶でしょー」。

そうだよな、ブラウン管ってまだ死語じゃないけど、もう“絶滅危惧”語だな。

すでに、チャンネルは「まわす」ものではなくなっているし、死語って調べてみると面白いかも。

ガスパッチョ

東京ガスのCM、いいですよね、織田信長編も、ガリレオ編も。好きです。

ガリレオ編は、ちょうど今、天体の授業を行っていて、天動説や地動説の話しをしているので、話題に使わせてもらってます。でも、子どもの見ている番組の合間にはあまり流れていない様子。

で、ガスパッチョってもともとはスペイン料理の名前なんですね。野菜スープのようです。で、色々見ていたら、どうやら火を使わなくてもできる料理、なんて書いてあるじゃないですか。東京ガスさん、なんか矛盾してないか…?

まあそれはいいとして、今後どんな人を過去から連れてくるんでしょう。子どもに考えさせてみたら、次はアウストラロピテクスだそうです。果たして妻夫木くんと会話になるんでしょうか。というわけで、またまた授業から脱線してしまったのでした(^^;

みなさんならば誰を過去から登場させますか?ちなみに私は、風呂に入ってひらめいて裸で街中に飛び出した、アルキメデスですかねぇ。

三角山 五右衛門ラーメン

DSCF0812e DSCF0813e

物産展にて、下で買ったケーキの山を両手に抱えてフロア内のラーメン屋さんへ。写真は、左がみそ味、右がしょうゆ味です。どちらもトッピングに岩のりのせてもらってます。

麺はどちらも同じで歯ごたえがありほんのりと甘みのある麺。具材は共通のネギ、チャーシュー、メンマに、みそ味には茎わかめなどの海草類、しょうゆ味の方には春菊がプラスされています。

どちらも甘みのあるあっさり目ですが、とくに味噌は海産物の出汁との相性が意外に良くてペロリと平らげてしまいました。

----------------------

今回の物産展は「食の」という冠がついており、これまであった民芸品店などは出ていませんでした。やはり何度も開催する中で、食品以外は難しいのかも知れませんね。

ケーキ屋さん開店!?

DSCF0835e DSCF0838e

最初に、富良野市「フラノデリス」の『焼きショコラチーズタルト』。これは、毎回大人気であっという間に完売してしまう“牛乳プリン”を作っているお店の冬季限定発売品!基盤となるチーズのしっかりとした味とヨーグルトなどの酸味、ショコラの甘さが絶妙なバランスで何とも言えないおいしさ!

☆ ★ ☆

DSCF0829e DSCF0830e

これは、小樽市「小樽スイートハウス」の『レアチーズケーキ』。本当は次のチョコレートケーキがお目当てだったんです。しかし…試食を進められておいしかったので思わず買っちゃいました!またこの真っ白なドーム型の形がかわい~。

チーズの濃厚さの中に、あっさり感もあり、ふわふわでとろける食感が今まで食べてきたレアチーズとは違っておいし~ぃ。

☆ ★ ☆

DSCF0843e DSCF0848e

これがこのお店でのお目当て品『チョコレートケーキ』。直径が10㎝くらいで小さめ。この値段でこの大きさなのか…。と思いつつも新商品とか限定という文字に弱い!!というわけで購入。しかし、食べて納得。うまい!チョコがた~っぷりで濃く、しっとりとした食感。上にのってるプルーンも大粒でした。

☆ ★ ☆

DSCF0868e DSCF0869e DSCF0871e

お次はおなじみ小樽市「ルタオ」の『ドゥーブルフロマージュ』のショコラ味(ストロベリー味もありますよ)。中はやはり2層仕立て。クリームチーズとマスカルポーネにショコラが加わったのかな?おいしいに決まってる!安心して即購入。もしも、ルタオが初めての方は純粋なドゥーブルフロマージュを食してからお試しあれ。

☆ ★ ☆

DSCF0851e DSCF0856e DSCF0858e

「あ~っ!!」ショーケースを見て思わす叫ぶ!やっと出会えた『ショコランジュ』。ルタオのHPを見て、食べたいな~食べたいな~と思いを寄せていたショコランジュ。相方の北海道旅行にリクエストしたのに売り切れだったショコランジュ~。ここで出会えたショコランジュ!  でも前から物産展に出品してたのかもね…(-_-;)       シナモンがきいていて生チョコを思わせるほどチョコをふんだんに使ったケーキでした。

☆ ★ ☆

DSCF0861e DSCF0864e DSCF0865e 

今回、初出店の札幌市「スイート・オーケストラ」の『さつま芋のレアケーキ』(かぼちゃもあります)。3層になっていて上からホイップクリーム、プリン、スイートポテト。3層一緒に食べてもしつこくなく、調和がとれていておいしい。

これは「わらく堂」という和菓子屋さんが出しているもの。TVでも紹介されて結構有名なケーキ。という情報は帰ってきてからネット上で知ったことであって、単純に新・限に加え“初”にも弱いだけであった…(。_。;) 北海道でさつま芋?という疑問を感じつつも購入してしまう言葉の力…。

☆ ★ ☆

DSCF0874e DSCF0875e DSCF0881e

最後は“白い恋人”の札幌市「石屋製菓」。今回1日限定50個の『マーブルチーズケーキ』をget。なんと!池袋東武物産展用に石屋オリジナルのチーズケーキをチョコマーブルにアレンジしたもの。これは手に入れなければと10Fまでぜぃぜぃ言いながら駆け上がったかいあり!?もちろん期待通りおいしかったですよ(^0^)

今回も何人家族なの?ケーキ屋でも開くの?というのりで買いあさり、相方の協力のもと(強制?)大満足で帰宅した私でありました…。

----------------------

以上、ブログ初挑戦の相方による渾身のレポートです。10時開店を目指して行きましたが、すでに直通エレベーターの前には50人ぐらいの行列ができていました。

後ろに並ぶのが早いか、エスカレーターで10階まで駆け上がるのが早いか、私たちは後者を選びましたが、駆け上がるどころか普通に歩いて上がるのですら、途中で息切れがしてしまいました。デパートの中は暖かい上に、たくさん着込んでいったものだから、動きにくいは暑くなるはで大変。次回はちょっと考えようね、って5度目も行くのか?(よいち)

力作おつかれさまです!
おいしそうだね~。少し分けて欲しいぞぉ(^^)
でもすごい量。これらはいったいどこに?
まさか、すべてお二人の胃袋???
考えただけで、今夜寝れそうもないです(笑)

 どもども、いつも見てくれてありがとう。これらのケーキは、職場でお裾分けしたりしてますが、それでも我が家の冷凍庫(どれも冷凍保存できるのです)を占領し、やがては私たちの胃袋を占拠する予定です(^_^;

 相方はtakashiくんのブログをよくチェックしていて、日本中飛び回っているtakashiくんに感心してます。

北海道展 四度目参上!?

そういえば今年は北海道展やらないのかねぇ…と相方と話していた矢先、重大なお知らせです!とチラシを片手に、しかしすでにもうどんなお菓子が初出品なのかチェック済みの相方。

こりゃ今週末は4度目の北海道展へ出陣することになるのは間違いなさそう。幻の鮭児をのせたどんぶりはなんと1人前4千円。ぐるナイの「ゴチになります」で高価な料理は見慣れているのに、自分の財布だとたかが4千円にも躊躇してしまう小市民(^^;

池袋東武 食の大北海道展

DMX-HD1

久々にググッとくるものに出会ってしまった。サンヨーのムービーデジカメDMX-HD1

私はこの形の初代のものを使っているのだけど、短い期間に2,3,4,5,6とモデルチェンジし、とうとう今回はハイビジョン画質に対応、光学10倍×デジタル10倍ズーム搭載、これなら太陽の黒点が望遠鏡無しで撮影できてしまうかも。更にはフィルターねじがシリーズ初めて切られたとのこと。

ムービーモードではISO1600まで感度を上げられるようだし、望遠鏡とつなげられれば惑星が月に隠される現象などの撮影にも使えるかも。うう、これは久々のドキドキ感だ。

折しも今日、ある生徒が私の欲しがっているものをズバリ、上手な絵に描いてくれたのだけど、望遠鏡とデジカメとパソコン、どうして分かったのだろう…。あの絵、ここで紹介させてくれないかなあ>Tさん

天下一品ラーメン

…が、割合と近場にできたので行ってみた。というより、先日、京都の新京極の裏通りで二人で食べたあのこってりスープは「正解」だったのか、つまり本当にどこのお店でも同じ濃さなのか、ちょっと不安があったからだ。

 私は一抹の不安を隠しきれずに「あっさり味(の餃子定食)」を、相方が「こってり」に挑戦。出てきたのを食べた相方は、一瞬の沈黙の後、「あれで正解なんだ~」と複雑な顔。スープを一口もらってみたが、確かに京都と同じ味がした。

当たり前といえば当たり前なのだが、京都では店に入った時間も遅くて、「ひょっとしてこれはスープが煮詰まったものか、あるいは鍋の底のほうをすくったものなのではないか」と、二人して無言で食べながらも目で会話をしていたのである。

じっくり煮込んであると書いてあるけれど、何か粉っぽさすら感じるこのスープ。はたして関東では受けるのだろうか。そこは頻繁に店が入れ替わる場所だけに、今回の出店がいつまで続くのか、興味深いものがある。

天下一品、懐かしい。最近行ってないなぁ。
大学生の頃、大阪出身の友人に連れられ、今は無いみたいだけど千葉の店舗に行って、その時はまりました。

会社に入ってから、千葉には行けないので、電話帳で店舗を探して、江古田だったかな?に行ったこともあるな。その後、歌舞伎町に店が出来たので何回か行ったけど、店舗が増えて気軽に食べれるようになってから、いつでも食べられる!とあんまり行かなくなった。

その頃の噂では、フランチャイズだけに店舗によって味が微妙に違う、やっぱり京都の本店が美味しいらしい…とのこと。僕は京都の本店って行ったことないんだけどね。

懐かしいな。名古屋にもあるから一度行ってみようかな。

 ども、takashiくん。去年は本当にお世話になりました。先日、テレビで万博に毎日通ったという女性が、未だに会場のその後を見届けに時々通っている、という話しを見ました。会場で使われたバイオマス食器は全国の県庁などで使われているとか、会場のさまざまな資材も各地で再利用されているようで、さすが環境万博だなと思って見てました。

 さてさて天下一品ですが、私はあっさり味なら今後も食べていいかなと思ってます。こってりはちょっと粉っぽさが気になってきてしまいました。でも、厨房ではビニールパックからあのスープを鍋にとぽとぽとと注いでいたのが見えたので、基本的に味は同じなのだろうなあ。

 テーブルには「辛子ニンニク」と「辛子味噌」が備え付けてあって、前者を入れてみたのだけど
なかなかパンチが効いておいしかったよ。

箱根駅伝

首位を走っていたチームの選手にトラブルが発生し、フラフラになって、2位、3位の選手に抜かされながらも、ほとんど気力だけで次の選手にたすきをつないでいた。

「もし個人種目ならばとっくにリタイヤしていたでしょう。」というアナウンサーのコメントを聞いて、「いのちのリレー」みたいだなと思った。

自分にいのちをくれた人、自分と繋がる人の存在を感じないで生きていたら、なぜ生きているのか、生きることに意味があるのか分からなくなってしまうかも知れない。

インターネット上で新たに“繋がった”人と一緒に自殺をしてしまう事件が後を絶たないが、この「つながり」はたすきとは似ても似つかぬものであることは確かだ。

おせちは大変

osechi06   謹賀新年。 お豆を煮たり、サツマイモを裏ごししたり、おせちを作るのはなかなか大変です。私も味見だけでなく、今年はちょっとだけ手伝いました。でもそうすると、同じ伊達巻きでもおいしさ倍増。

今年は豆をたくさん食べて、少しはマメになったと言われたい私でした。今年もよろしくお願いします。