眼鏡を替える

glasses  べつに度(目の悪さ)はほとんど進んでいないのだけど、ちょっとイメチェンを狙って眼鏡を替えてみた。

奥に写っているのがこれまでかけていたもの。最近はやりの縦方向が短いフレームを選んでみた。今までのものでも階段で足元が見づらいことがあったが、今度のは更に下方への視界が狭くなった。

パソコンするにもキーボードを弾くにも支障はないが、なんと食事するときに一番違和感を覚える。口元に食べ物を運んでくると最後で見えなくなるのだ。目だけ下を向こうとすると、視線がレンズの下から出てしまうし、顔ごと下を向こうとすれば口も下がってしまう。

最後の一瞬で口に運ぶものが分からなくなるというのは、思った以上に不具合を感じる。これは店頭で試着して辺りを見回したときには思いも寄らなかった弱点だ。

久しぶりにスカートをはいたら寒いとか、ブーツを履いたら足が痛いとか聞くにつけ、何にしてもファッションというのは実用性や機能性を犠牲にしていることが多いなあと思うのであった。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://saikyo.la.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/84

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません)

最近のコメント