まんげつのよるに

ネタバレはありません。安心してお読み下さい(^o^) mangetunoyoruni

先日から公開が始まった『あらしのよるに』の原作の続編。原作は6巻まであり、大人でも涙してしまう感動の結末だったのだが、新聞で第7巻が出ると知ってドキドキしてしまった。

さて、その7巻の感想はというと…。

まあ正直なところ、大人としては6巻で終わっていてもいいかな、でも子ども向けにはこの方がいいかなという展開。途中ちょっとハラハラするけれども、「本当は怖いグリム童話」ではないので、それなりの結末を迎えます。

このシリーズを使って子どもたちに読み聞かせの練習をさせたいと思ってきたけど、彼らもどうやら小学時代に読み聞かせられたらしい。放送委員に、お昼の放送で読ませてみるかな。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://saikyo.la.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/79

この一覧は、次のエントリーを参照しています: まんげつのよるに:

» 映画「あらしのよるに」 送信元 イーハトーヴの森
「あらしのよるに」の映画版を観に行った。 劇場に行くと、周りは親子連れとカップル [詳しくはこちら]

映画を見に行きましたよ。原作まったく知らなかったので「ともだちだけどおいしそう」というコピーがコメディっぽく感じて楽しみにしていたのですが全然違うんですね。絵が綺麗でしたよ。(^_^)

 こんにちは、とりさん。お久しぶりです。どうですか、涙腺はゆるみましたか?

 私は絵本コーナーでひとり涙をこらえていた人間なので、ちょっと自信ありません。というか、絵本のイメージを大事にしたいので、今のところ観ないでいます。

 きっと6巻で映画は終わっていると思うので、ぜひ7巻を手に取ってみて下さい。

涙腺はゆるみました。(笑)
ハンカチ必要ですね~。
たぶん、映画は7巻まで入っていると思います。
あの結末は賛否両論でしょうね。私は川に落ちたところで終わってもいいと思ったのですが。(^^ゞ

 なるほど、映画でも7巻に相当する「その後」の話があるんですね。

 絵もかわいいし、きっと親子連れで見に行く方が多いと思いますが、子どもはともかく親がぼろぼろ泣いてしまうでしょうね。

 そうか、映画だと川に落ちるんですね。原作だと雪崩となって…ですけれど、私もそこで終わった方が、寂しいけれど全体としては丸く収まるだろうと思います。

雪崩もあります。(笑)
逃亡前に川に飛び込む場面があり、そこで終わって、2人のことはみんなに語り継がれる・・・というのでもいいのでは?と思ったのです。(笑)
子供にはちょっと退屈かもしれないですね。単調な部分がありますし。
雪崩で終わってもいいけど、雪崩の後があったほうが安心できます。(笑)
うまくいかないことも多いけど。いいことだってある、と思えるほうが安心できます。生きていくうえで。(^^ゞ

 2005年は「生きる」ことをテーマにしたドラマや映画が目立ちましたね。このトレンドはもうしばらく続くのでしょうか。

 かつて、タイタニックの続編ができるとかという話が出ましたが、ああいう終わり方をすると必ず続編を希望する人が出てくるし、かといってハッピーエンドにすると訴えかけるものが弱くなる気がするし、難しいものですね。

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません)