カマナ

最高気温が4度という予報の中、川越の新宿(あらじゅく)にあるカレー屋さん『カマナ』へ。“カマナ”とはネパール語で“幸せ”という意味だそうだ。

ランチタイムはカレーオンリーだけど、ディナータイムはフォー(HGではない)とか生春巻き、トムヤンクン、ナシゴレンなど他のアジア料理も出てくるみたい。

冷たい北風に首を縮めながら店内に入るも、ネパールは高地だからか、暖房は余り(というよりほとんど)効いてない。その代わり、踊るマハラジャ風なDVDが上映されていて、料理人も時々一緒になって歌っていた。

注文したのは、1皿で2つのカレーが楽しめる「タバジィセット」。2人で野菜と、豆と、チキンと、エビを食べる。エビはココナッツ風味。どれも中辛で注文したけど、豆カレーが一番からかったかな。 

ナンも4種類あって、ランチタイムはプレーンだけだけど、これがほんのり甘くて美味しい。大きさも十二分。 他にはほうれん草を練り込んだものや、チーズが挟まった物などがあるらしい。

ともあれ、今度はディナータイムに行ってみようと思います。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://saikyo.la.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/78

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません)

最近のコメント