2005年12月

ゆく年 くる年

紅白を見て、NHKもずいぶんと遊び心を盛り込んだというか、規制を緩くしたなという感じがした。

他局の内容が盛りだくさんで、レコード大賞おめでとう!と叫ぶみのもんた、フジサンケイグループのマークの人文字、K-1の出演者のそっくりさんを従えた気志団、などなど。

出演者の名前を間違えてしまったり、マイクがいきなり倒れて消えたりとハプニングもあったけど、森山親子が歌う「さとうきび畑」や、懐かしい曲の数々が聴けて楽しめた。

好き歌の1位がマッキーの「世界に1つだけの花」だったのと、男性のトリの歌がSMAPの「Triangle」だったこと、それから途中で、吉永小百合さんによる原爆の詩の朗読など、このところのアジア周辺諸国との不穏な空気に配慮してか、反戦ムードを感じた紅白でした。

どうか新年も世界が平和の大切さを忘れることのない年でありますように。

100%オレンジ

というデザイナーさん。

彼ら(男女のコンビだそうな)は今年売れまくりですね。私が知ったのはたぶん、「いのちの食べ方」という本のイラストが最初だと思うのだけど、その後も至るところで目にします。

なんとも素朴で愛らしい、日本人の子どもを表現するのにぴったりなイラストで、嫌みがなくていいのです。

先日も何かの雑誌の表紙になっていたのを見かけたけれど、絵本などを扱った雑誌には「MOE」がありますね。見あたらなかったので、近くにいた店員さんに尋ねようと思ったのだけど、思わず飲み込んでしまいました。だって、

「 “もえ”という雑誌はありますか? 」

って、店員さんは分かっても、今どきなんだか周囲の人に何か誤解されそうだよね。

きっと雑誌「MOE」としては、最近やたらと検索に引っかかったりして知名度を上げているかも知れないけれど、きっと迷惑していると思う。そう、オーム出版のように…。

号泣

ということばを新聞やテレビでよく目にするけど、一度も本当に号泣しているところをみたことがない。みんな涙ぐんでいるか、すすり泣いているか、どちらかではないだろうか。

今年は正しい日本語をテーマにした記事や番組が目立った年だったけど、まずはマスコミが正しい言葉づかいを心がけてほしいものだ。

曇らないカーブミラー

…が あったらいいな。

朝、T字路などでカーブミラーが曇っていると怖い。ミラーの内側に電熱線をつけて、太陽電池で発電して…って電力的に無理かな。 カーブミラーって設置者が自治体なのか警察なのかよく分からないけど、くもり止めスプレーを塗って拭いてくれるだけでもいいのにな、と思う。

あと、これからまたあちこち地面が掘り返される時期が来るけど、どうせなら町中の電線を地下に埋設してくれないかなあ。

懲りない“麺々”

051227_a1 051227_a2 

池袋はメトロポリタンプラザTINUNにて。左はトムヤムヌードルセット、右はベトナムヌードルセット。 トムヤムヌードルは辛いというよりも酸っぱい。とっても酸っぱくて、こんな味だったっけと思うほど。レモンバームが効いているけどレモンの酸っぱさではないと思う。

ベトナムヌードルはあっさりしていて美味しい。でもその分私の苦手なパクチーの香りが引き立ちます。デザートの、サツマイモのココナツミルク和えが何とも言えない味。

051227_k1 051227_k2 

忘年会(2日目)後のおしのぎは、わざわざ東口にまわって、おなじみの桂花へ。太肉麺(左)と桂花ラーメン(右)。前回、麺が柔らかめだったので、今日は固めにゆでてもらったつもりが、それでもまだ数年前の方がもっと固かった気がする。変わってきたのかな。

というわけで、ラーメン大好き小池さん的生活の続くわが家でした。

眼鏡を替える

glasses  べつに度(目の悪さ)はほとんど進んでいないのだけど、ちょっとイメチェンを狙って眼鏡を替えてみた。

奥に写っているのがこれまでかけていたもの。最近はやりの縦方向が短いフレームを選んでみた。今までのものでも階段で足元が見づらいことがあったが、今度のは更に下方への視界が狭くなった。

パソコンするにもキーボードを弾くにも支障はないが、なんと食事するときに一番違和感を覚える。口元に食べ物を運んでくると最後で見えなくなるのだ。目だけ下を向こうとすると、視線がレンズの下から出てしまうし、顔ごと下を向こうとすれば口も下がってしまう。

最後の一瞬で口に運ぶものが分からなくなるというのは、思った以上に不具合を感じる。これは店頭で試着して辺りを見回したときには思いも寄らなかった弱点だ。

久しぶりにスカートをはいたら寒いとか、ブーツを履いたら足が痛いとか聞くにつけ、何にしてもファッションというのは実用性や機能性を犠牲にしていることが多いなあと思うのであった。

本日のルート

  1. 東京駅1階 沼津 魚がし寿司 
  2. キャラクターショップ散策 (NHK、ジブリなど)
  3. カフェ・コムサ で クリスマスケーキを食す
  4. THE STUDY ROOM で 「地球ゴマ」購入 
  5. 丸ビル散策 クリスマスプレゼントを買う < ミハエル・ネグリン
  6. oazo内の丸善へ VRML本を探すが見あたらず くじで2等が当たる
  7. 東京ミレナリオ見学 1時間以上行列に並ぶ
  8. 有楽町ビックカメラ VRML本、やはり無し

6について。仕方なく「ジパング21巻」「ガンダムオリジン11巻」を買う。どちらも何巻まで続くのかだんだん不安になりながらも、帰りの電車で読み終えてしまう。

自宅近くの居酒屋で忘年会をして帰宅、これを書き込む。満足な一日。

東京ミレナリオ

millenario01  今年で見納め、という言葉に反応してしまい(実際は一時的な休止らしいが)、またまた苦手な大行列&大混雑の中へ。今回はひさびさに手強かった。

東京駅からミレナリオが飾られている通りまでは、普通に歩けば5分とかからない。しかし、いくつもの地下鉄駅からやってくる観光客を一方通行にするために、いったんは正反対の方向へ、迂回路を1時間以上かけて歩かなくてはならない。

毎度のことながら、おばちゃんにごりごり背中を押されたり、ひっきりなしにおしゃべりする隣人に耳をふさいだりと、やっとの思いでミレナリオが見えるところまで到着。でもその不愉快さを忘れさせてくれるくらいの美しさがあった。たかが電飾、と侮るなかれ。

millenario02  これは出口。三方向にアーチが作られていて、最後にクライマックスがあったという感じ。 あー、寒かった。

真骨頂 (花月)

 インターネットで「こんなラーメンが食べたい」というアンケートから生まれたラーメン。 忘年会帰りの相方を迎えに行った帰り道に立ち寄ってみました。 さて、お味は…。

うーん、これならまだ普通の花月ラーメンのほうがおいしいかも。

ラッキーな1日

  • ラッキーその1 : 近くのスーパーで福引きをやったら1等が出て、野菜ジュース箱入りが当たった。これでしばらく買わなくてもすむ。
  • ラッキーその2 : ユニクロに行ったら、1店舗目では売り切れだった商品が、2店舗目では残っていて、おまけに半額近くに値下げされていたので2枚買えた。これでしばらく買わなくてもすむ。

 先週までは結構アンラッキーなことが続いたので、これで帳消しかな。

まんげつのよるに

ネタバレはありません。安心してお読み下さい(^o^) mangetunoyoruni

先日から公開が始まった『あらしのよるに』の原作の続編。原作は6巻まであり、大人でも涙してしまう感動の結末だったのだが、新聞で第7巻が出ると知ってドキドキしてしまった。

さて、その7巻の感想はというと…。

まあ正直なところ、大人としては6巻で終わっていてもいいかな、でも子ども向けにはこの方がいいかなという展開。途中ちょっとハラハラするけれども、「本当は怖いグリム童話」ではないので、それなりの結末を迎えます。

このシリーズを使って子どもたちに読み聞かせの練習をさせたいと思ってきたけど、彼らもどうやら小学時代に読み聞かせられたらしい。放送委員に、お昼の放送で読ませてみるかな。

映画を見に行きましたよ。原作まったく知らなかったので「ともだちだけどおいしそう」というコピーがコメディっぽく感じて楽しみにしていたのですが全然違うんですね。絵が綺麗でしたよ。(^_^)

 こんにちは、とりさん。お久しぶりです。どうですか、涙腺はゆるみましたか?

 私は絵本コーナーでひとり涙をこらえていた人間なので、ちょっと自信ありません。というか、絵本のイメージを大事にしたいので、今のところ観ないでいます。

 きっと6巻で映画は終わっていると思うので、ぜひ7巻を手に取ってみて下さい。

涙腺はゆるみました。(笑)
ハンカチ必要ですね~。
たぶん、映画は7巻まで入っていると思います。
あの結末は賛否両論でしょうね。私は川に落ちたところで終わってもいいと思ったのですが。(^^ゞ

 なるほど、映画でも7巻に相当する「その後」の話があるんですね。

 絵もかわいいし、きっと親子連れで見に行く方が多いと思いますが、子どもはともかく親がぼろぼろ泣いてしまうでしょうね。

 そうか、映画だと川に落ちるんですね。原作だと雪崩となって…ですけれど、私もそこで終わった方が、寂しいけれど全体としては丸く収まるだろうと思います。

雪崩もあります。(笑)
逃亡前に川に飛び込む場面があり、そこで終わって、2人のことはみんなに語り継がれる・・・というのでもいいのでは?と思ったのです。(笑)
子供にはちょっと退屈かもしれないですね。単調な部分がありますし。
雪崩で終わってもいいけど、雪崩の後があったほうが安心できます。(笑)
うまくいかないことも多いけど。いいことだってある、と思えるほうが安心できます。生きていくうえで。(^^ゞ

 2005年は「生きる」ことをテーマにしたドラマや映画が目立ちましたね。このトレンドはもうしばらく続くのでしょうか。

 かつて、タイタニックの続編ができるとかという話が出ましたが、ああいう終わり方をすると必ず続編を希望する人が出てくるし、かといってハッピーエンドにすると訴えかけるものが弱くなる気がするし、難しいものですね。

カマナ

最高気温が4度という予報の中、川越の新宿(あらじゅく)にあるカレー屋さん『カマナ』へ。“カマナ”とはネパール語で“幸せ”という意味だそうだ。

ランチタイムはカレーオンリーだけど、ディナータイムはフォー(HGではない)とか生春巻き、トムヤンクン、ナシゴレンなど他のアジア料理も出てくるみたい。

冷たい北風に首を縮めながら店内に入るも、ネパールは高地だからか、暖房は余り(というよりほとんど)効いてない。その代わり、踊るマハラジャ風なDVDが上映されていて、料理人も時々一緒になって歌っていた。

注文したのは、1皿で2つのカレーが楽しめる「タバジィセット」。2人で野菜と、豆と、チキンと、エビを食べる。エビはココナッツ風味。どれも中辛で注文したけど、豆カレーが一番からかったかな。 

ナンも4種類あって、ランチタイムはプレーンだけだけど、これがほんのり甘くて美味しい。大きさも十二分。 他にはほうれん草を練り込んだものや、チーズが挟まった物などがあるらしい。

ともあれ、今度はディナータイムに行ってみようと思います。

秩父夜祭り

PICT1581e PICT1589e

 久しぶりに5年間暮らしたまちへ。R299のほうが混むだろうと寄居周りで向かうも、最後は大渋滞。なんたって人口7万あまりの街に31万人が訪れたというのだから、街のメインストリートはどこも押しくらまんじゅう状態だ。

 8時からの花火大会は10時過ぎまで轟音をとどろかせ、澄み渡る冬の夜空にこれでもかと大輪を咲かせていた。いつもながら花火を写真に撮るのは難しい。三脚は車に積んでいったけれど、もみくちゃになると危険なので持ち歩かなかった。

 露出は3~5秒、ISOは低感度(50)にして、絞りもf8ぐらいまで絞ってみた。ノイズリダクションをオンで撮ったが、低感度にしたしオフにしてもよかったかも。

 それにしてもやはり秩父は星空がきれいだ。この空の下で5年も過ごしたのだから、もっともっと写真を撮っておくのだったと今更ながら思う。

 とんぼ返りだったけれども、当時お世話になった方々とお会いすることもできて、渋滞と睡魔を乗り越えて行ってきた甲斐があった。

よいちさん、こんばんは。

ブログの方にお邪魔しました。私も初めて「秩父夜祭」に行ってきました。山車はあまりよく見れなかったのですが、花火は最高でした。冬の花火は空気が澄んでいて、ホントきれいでした。正直、意外とショボイと思っていたのですが、大きく予想を裏切られ、少し涙が出るくらい感動しました。私も写真を撮ろうと思ってデジカメを持っていったのですが、三脚は持っていかなかったので、デジカメの動画機能でいくつかの花火とスターマインを撮影しました。
また来年も行ってみたいと思います。いやぁ、しかし埼玉の山奥でこんな素晴らしい祭りがあるとは知りませんでした。。。

こんにちは、茂麻呂さん。コメントありがとうございます。ずいぶん冷え込んできましたね。

あの日、茂麻呂さんも出かけられたのですね。ものすごい混雑でしたよね。車で行かれましたか?

HP拝見しましたが、ちょうどいいタイミングで花火を撮影されてますね。ムービーもいい感じで、あのときの感動がよみがえってきます。

ひょっとしたらあの混雑の中でニアミスしていたのかも知れないと思うと、面白いなと思います。