レオナルド・ダビンチ展

 新宿から初めて大江戸線に乗ってみましたが、さすが新しい地下鉄だけあってホームが深い深い。六本木駅についてエスカレーターを歩いて上ったら、筋肉痛になりそうでした。駅からヒルズまではちょっと歩きます。日比谷線の駅からだとほとんど真上。

PA0_0222 この52階に美術館があります。ところが、

 直通エレベーターに乗る前にまずは3階でチケットを買うのだけど、地上階からそこへ続く螺旋階段ですでに行列が。

PA0_0006 まったく、どこへ行っても行列行列…(-_-;

 会場の写真はありませんが、ダビンチ展は大変興味深い内容でした。わら半紙のような1500年頃の紙にはずっと照明を当てていられず、ライトがついたり消えたりするので見て回るのが大変。

 でも身の回りの様々な物理現象に対するレオナルド・ダビンチ直筆のノートが目の前にあるという事実に感動。

 彼は動いているものの一瞬をとらえたり、地層など長く動かないものがどのように変化してきたかを想像する力に長けていた。物理や地学など、今でこそ高校生であれば学習する程度の内容だけれど、彼の後に生を受けるガリレオもニュートンも恐らく彼なくしては登場しなかったのではないか。

 1つ思ったのは、こういう展示を見るときは、望遠鏡や顕微鏡がいつ発明されたのか、いろいろな法則や定理がいつ発見されたのか、科学史の知識があるといいなということ。

 レスター手稿のレプリカつきガイドブックを購入したので、手稿はラミネートして、「これが天才のノートだ」とどこかに展示しようかなと考えてます。

 お腹がすいたので、ヒルズの地下にあるインド料理Diyaへ。4種類のカレーのバイキングを注文。ライス、ナン、サラダ、もちろんカレーもお代わり自由で1,490円也。

PA0_0224

 カレーは挽肉、豆、野菜、そして辛口のチキン。どれも独特な味がして美味しかったです。辛口はただいたずらに辛いのではなく、コクのある辛さ。これで頭もお腹も満足満足。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://saikyo.la.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/73

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません)

最近のコメント