フーコーの振り子

Foucault 私にとってはとてもタイムリーな書籍。

夏にパリで本物を見てきたので生徒たちに紹介し、その後のテストで問題に出したら不正解が続出。せっかく動画まで見せたのに、とちょっとムッとしたので彼のことを調べてくるようにと宿題に出したら、中にはウィキペディアなどでよく調べてきたのでびっくり。

そんなこんなしていたらこのような本が出版されたと知り、子どもたちだけでなく、お前も勉強しろよといわれているような気がして、手に取りました。

ガリレオの頃ならいざ知らず、1855年といえばもう科学全盛なのかと思いきやさにあらず。まだまだ教会と科学の確執があったというのだから驚き。いや、進化論など今でもアメリカなどでは根強く続いているのかも知れない。

「地球の自転を見に来られたし」 くぅ~、格好いい! この時代に地球が自転していることを疑う人はいないだろうけど、じゃあそれを証明してみてよと言われてできる人もいないだろう。それを万博でやってのけた彼の名前を忘れてはいけないね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://saikyo.la.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/70

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません)

最近のコメント