2005年11月

おばんざいでバンザイ

DSCF0745e DSCF0759e 

 左は、嵐山のおばんざいバイキング「ぎゃあてい」。制限時間50分ということもあって、ぱくぱく食べてしまいました。相席になった親子が「味、うすいねえ」としきりに言ってたけど、それほどでもないかな。いいにおいがしたのでカレーまで手を伸ばしてしまったのは失敗。おなかがはち切れそうでした。

 右は錦通り「京野菜 かね松」 の2階にある食事処、「やお屋の二かい」にて。白和えに煮浸しに、こちらも素材の味が生かされており、とても美味しかったです。

 錦市場通りは見るだけでも楽しい。整然と並べられた漬け物、お総菜、海産物はとても色鮮やか。

HDDからDVDへコピー

 毎週録りためているもの

  • 高校講座 物理、科学、生物、地学、理科総合A・B
  • 映像科学館
  • 10min.ボックス 理科
  • ミクロワールド
  • あしたをつかめ 平成若者仕事図鑑 … 進路学習、総合的な学習用に
  • にんげんドキュメント … 道徳用に

 以上、すべてNHK。ちゃんと受信料払っているのだから、活用させてもらわないとね。

 理科総合A・Bは、中学校でも十分活用できます。出演者のノリもいいし。その点では「高校生物」も生徒役の2人がいいね。

 さて、定期的にダビングしないと「これ以上録画できません」となってしまう。実際にはまだ空き容量があるのだけど、本体内に396タイトルまでしか入らないらしい。

 で、今日はそのDVDにコピーする作業を延々とやってます。相方さんはカゼでダウン。京都で買ってきた葛湯飲んで早くよくなってね~。

和の味を求めて

 本当はある国宝展に行ったのですが、うちらだと結局こうなります。

nishinsoba naracake1 naracake2 naragokoku 

 左はにしんそば。なるほど、確かにこれは想像できない味ではないけれど、そばの出汁に身欠きにしんが合うのを実感。誰が考えたんだろう。

 次はくずを素材にした和菓子屋さんのクリームロールケーキ。スポンジの部分にくずが使われているそうでしっとりしており、たまごの風味と相まって懐かしい味がします。

 3つ目はそのまんまくず餅。できたてほやほやにきな粉がのっていて香りも豊か。

 一番右は五穀米でウニやシジミの漬け物などを包んだおにぎり。五穀米はヘルシーだけれど、ここまで1時間以内という食べ方はヘルシーではありませんな。

sushimasa  夕飯はこちらで。 京野菜、おでん、そして寿司、どれも絶品でした。美味しいってこういうことなんだ、と納得。リーズナブルというと日本語では質がよくて安いもの、と言う意味で使われることが多いけど、これは本来の意味でリーズナブル。

レオナルド・ダビンチ展

 新宿から初めて大江戸線に乗ってみましたが、さすが新しい地下鉄だけあってホームが深い深い。六本木駅についてエスカレーターを歩いて上ったら、筋肉痛になりそうでした。駅からヒルズまではちょっと歩きます。日比谷線の駅からだとほとんど真上。

PA0_0222 この52階に美術館があります。ところが、

 直通エレベーターに乗る前にまずは3階でチケットを買うのだけど、地上階からそこへ続く螺旋階段ですでに行列が。

PA0_0006 まったく、どこへ行っても行列行列…(-_-;

 会場の写真はありませんが、ダビンチ展は大変興味深い内容でした。わら半紙のような1500年頃の紙にはずっと照明を当てていられず、ライトがついたり消えたりするので見て回るのが大変。

 でも身の回りの様々な物理現象に対するレオナルド・ダビンチ直筆のノートが目の前にあるという事実に感動。

 彼は動いているものの一瞬をとらえたり、地層など長く動かないものがどのように変化してきたかを想像する力に長けていた。物理や地学など、今でこそ高校生であれば学習する程度の内容だけれど、彼の後に生を受けるガリレオもニュートンも恐らく彼なくしては登場しなかったのではないか。

 1つ思ったのは、こういう展示を見るときは、望遠鏡や顕微鏡がいつ発明されたのか、いろいろな法則や定理がいつ発見されたのか、科学史の知識があるといいなということ。

 レスター手稿のレプリカつきガイドブックを購入したので、手稿はラミネートして、「これが天才のノートだ」とどこかに展示しようかなと考えてます。

 お腹がすいたので、ヒルズの地下にあるインド料理Diyaへ。4種類のカレーのバイキングを注文。ライス、ナン、サラダ、もちろんカレーもお代わり自由で1,490円也。

PA0_0224

 カレーは挽肉、豆、野菜、そして辛口のチキン。どれも独特な味がして美味しかったです。辛口はただいたずらに辛いのではなく、コクのある辛さ。これで頭もお腹も満足満足。

あとから納得する言葉

研修時代、講師の大先生曰く、

  • 「本を読まない人は馬鹿になります!」
  • 「給料の1割を書籍代にしなさい!」

夢と希望を与える講演かと期待していたので、鼻から最近の若い者は…的な論調にカチンと来たのを覚えている。

でも今、確かにそうだなと思う。活字離れは子どもだけでなく大人にも言えることだが、私も忙しさにかまけてひと月に1冊も読まないという時期があった。しかし話題の豊富な方の机にはいつも単行本や文芸誌があった。

書籍だけで1割というのはなんなので、私は教材や研究費を含めて1割ぐらいは子どもたちに還元するための出費にしてもいいだろうと思っている。なにせ大先生の教えなのだから、たとえそれがおもちゃであっても堂々と買おうではないか(^o^)

こんなことしてみたい

学級掲示や廊下の掲示は小学校がとても参考になります。ごちゃごちゃしたのも困りますが、中学校へ来るとなんだか急に殺風景になってしまう気もします。

時間をかけて取り組んでみたいことを羅列してみると、

  1. 理科室前の廊下の天井に、太陽系のモデルを展示
  2. 理科室に、科学史の年表
  3. 理科室前の廊下に、廊下側に科学者の似顔絵、内側(理科室)にその人の実績
  4. 理科室へつづく階段に、1段ずつ原子の周期律表(スイ、ヘー、リー、べ)
  5. 理科室前の廊下から見える北の山々についての解説
  6. 西に面した窓に季節ごとの太陽の沈む位置の記録
  7. 廊下の窓に、複眼の見え方を体験するシートの貼りつけ

…などなど。今のところ、理科室前の廊下では選択理科の活動を紹介していますが、理科室の前を通ると自然と科学の世界に引き込まれてゆくような、そんな空間が理想です。3学期になったら選択理科の生徒たちを使って作らせるかな。

フーコーの振り子

Foucault 私にとってはとてもタイムリーな書籍。

夏にパリで本物を見てきたので生徒たちに紹介し、その後のテストで問題に出したら不正解が続出。せっかく動画まで見せたのに、とちょっとムッとしたので彼のことを調べてくるようにと宿題に出したら、中にはウィキペディアなどでよく調べてきたのでびっくり。

そんなこんなしていたらこのような本が出版されたと知り、子どもたちだけでなく、お前も勉強しろよといわれているような気がして、手に取りました。

ガリレオの頃ならいざ知らず、1855年といえばもう科学全盛なのかと思いきやさにあらず。まだまだ教会と科学の確執があったというのだから驚き。いや、進化論など今でもアメリカなどでは根強く続いているのかも知れない。

「地球の自転を見に来られたし」 くぅ~、格好いい! この時代に地球が自転していることを疑う人はいないだろうけど、じゃあそれを証明してみてよと言われてできる人もいないだろう。それを万博でやってのけた彼の名前を忘れてはいけないね。