休力?

最近、教師力とか親力とか、「~力」という言葉が流行っているようだけど、先日相方がこんな手紙を生徒からもらってきた。

「休力を高めるにはどういう食事をしたらいいのか分かった。」

ん?休力? 体力か。 あわてて間違えたな。

…ところが、この手紙の中にあと5回も「休力」が出てくる。

書き手は中3。日頃彼らと接している私からすると、この手の間違いは今や驚くべきことでも、珍しいことでもないけれど、「こんな間違い、小学生レベルだよ…」と相方には相当ショックだったらしい。

でも「休力」というものが、周りのことを考えずに有休が取れたりできる力だったりしたら、私もちょっと欲しいかも。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://saikyo.la.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/53

ホント、学校の取材をしていると
唖然とさせられることばかりで……。
ついつい、自分たちの頃と比べてしまって
「こんなんでいいの?」と。

競争がないのも善し悪しなんですかね~(T-T)

こんにちは、maniさん。

私たちの頃にも全く無かったというわけではないですけど、最近、とくに男の子の書く字が読みづらいですね。

もう、ノートの罫線なんかお構いなしだったり、漢字なのに「筆記体」状態だったり…。テストに書く自分の名前すら怪しい子もいます。

だから硬筆展なんかすると「味のある」作品ばかりで、金賞を選ぶのが難しいですね。

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません)