2005年10月

イル・キャンティ

ホタテのガーリックパスタと、4つのチーズのピザ。正しい名前を覚えてないけど、どちらもとても美味しかったです。

お店のホームページ

今日は昼に近くのデパートで行われている北海道物産展へ。もうルタオもスナッフルズもすっかりおなじみに。

道外初出店という「天金」ラーメンは、あいにくカメラを車の中に置き忘れてしまったので画像がないけれど、屋台のラーメンという雰囲気。

おみやげ開封騒動

rutaocakecase rutaocake

  • 上左:ルタオ パウンドケーキ(バター) ケース
  • 上右:中身 たまごの香りがぷーんとします。

rutaogrovecase rutaogrove

  • 上左:陽気な花 ケース
  • 上右:中身 パイなのだけど、手の大きさと比べてみて下さい。

beerjery pastrysnaffles 

  • 上左:ビールチョコ、下に書いたとおり、余りビールの味はせず。
  • 上右:ペイストリースナッフルスのチーズオムレット&チョコ。フランスで食べたフォンダンショコラを思い出させる、濃厚なチョコ味は好評。

というわけで、食べ物ばかりでした(^o^;

どこへ行っても食い倒れ

一泊二日のあわただしい旅行でしたが、天気に恵まれて目もお腹も満腹です。

yoichi otaru hotate 

1日目

  • 上左:今回の旅行で撮りたかった写真No.1。
  • 上中:おなじみ、運河と煉瓦倉庫。
  • 上右:ホタテのしょうゆバター焼き300円。美味。

hatudai 6ice yadokara 

  • 上左:池袋東武にも出店した(けど行けなかった)「初代」の新メニュー、白しょうゆ。でもオーソドックスに醤油にしておけば良かったかな。
  • 上中:一人では食べきれなかった6段アイス。
  • 上右:宿からの眺め。ちょうどいい時期でした。

2日目

tokeidai hokkaidoutyou toilet38t

  • 上左:「余り期待しないで」といわれた時計台。私はそんなことないと思う。
  • 上中:旧北海道庁。趣があります。
  • 上右:札幌駅の駅ビル展望台にあるトイレ。しているときの気分は最高。ただし入場料大人700円。次の予定が詰まっていて展望台には10分もいられませんでした。

このあと、サッポロビール園にてジンギスカンとかにの食べ放題。1時間1本勝負~。手についたカニのにおいと、髪の毛についた焼き肉のにおいは家につくまで取れず。

boys hituji younyuice 

  • 上左:ご存じ、「少年老い易く学成り難し」…じゃなかった、「少年よ、大志を抱け」。
  • 上中:大志なんて我感せずという雰囲気の羊たち。
  • 上右:そのお乳でできたアイス。あっさり目。

このあと空港へ。新千歳空港は商店街が思いのほか広く、目的の商品を探すのも一苦労。下で書いたとおり、見つけたと思ったら品切れだったのが残念。

悲しきお知らせ

日持ちしないおみやげを求め、空港でやっと取り扱い店にたどり着いたと思ったら、なんと売り切れ(T^T)
人気商品だったんだね。

小樽か札幌あたりかな?そろそろ良い時期だねぇ。僕は冬の札幌が大好きです。宿泊は安いし、食い物は美味しいもんねぇ。

 大正解、さすがtakashiくん。1泊2日の職員旅行です。

 ちょうど紅葉が見頃で、でも北海道は黄色く色づく樹木が多いそうで、なんだかなだらかな丘の感じがヨーロッパを思い出させました。

ビールチョコ

051024_11380001.jpg

一番絞りのゼリーが入っているそうだよ。お楽しみに(^o^)

追記(10/25)

ゼリーの味が微妙。ビールの味がするのかどうか、チョコの風味が強くてよく分かりません。

本店へ

先の物産展で好評を博した洋菓子の本店へ。
日持ちのしない生チョコは明日、空港にて購入予定。
本日は寿司の中いち、ラーメンの初代、ホタテの炭火焼き、五段ソフトなどを食す。

リボンだの、バンドだの、

類似品が多すぎる。

  • ピンクのリボンは乳ガン検診の促進
  • 青いリボンは拉致被害者救済支援
  • 赤いリボンはエイズ撲滅

ほかにも黄色なんかもあるらしいけど、今度は貧困撲滅政策推進だそうで白いバンドだ。

意思表示をするためにつけるものらしいけど、正直言って、町中で白いバンドを身につけている人を見たらちょっと引いてしまう。本当に分かってるの?と言いたくなる。収益の使い道だってなんだか眉唾だ。

こんなにいろんな意思表示アイテムがあったら、手広くやっている政治家の上着はまるで勲章でいっぱいの軍人のようになってしまうだろう。この分だと白以外にもいろんなバンドが登場するだろうから、手首にもジャラジャラとバンドだらけになってしまうかも知れない。

ぜひとも杉○議員あたりにやってみてもらいたいね。

学校現場だと赤い羽根緑の羽根がメジャーだけど、カラフルなリボンや、ましてリストバンドなんか子どもたちには受けるだろうな。

ケータイで化学式

かつての教え子からメールが来た。高校化学の質問だった。

CaCO3とか、Al2(SO4)3といった化学式が出てくるのだけど、これを普通の文章に織り交ぜてケータイで打ってくるというのがすごい。もちろん下付きや上付の小さな数字は出ないのだけど、仮名漢字と英数字をこんなに頻繁に切り替えるなんて私にはできない芸当だ。

返信はFAXでも構いませんと書いてあってのでホッとした。メールで返そうものなら何時間かかった分からない。

今回もクラストップを目指してガンバレ>S  私も採点がんばる(-_-;

関東で地震

日曜日の夕方、私はなぜかそのとき職員室に。

ダンプでも通ったのかと思うような地鳴りがして、「あ、地震だね」と同僚たちを顔を見合わせたのもつかの間、けっこう激しい揺れが訪れた。「しまった、とうとう来たか」と一瞬思ったけど、揺れていた時間は10秒もなかったようで、被害も皆無。

ただ、この揺れだと我が家の食器棚と、リビングの黄色い(一部は白い)熊さんたちが心配、と思って自宅に電話するもなかなか繋がらず。どうしたのだろう、落ちた皿でも拾っているのだろうか…。

しばらくして相方から「全然気づかなかったよ~」と電話が。あれだけ揺れたのに、ほんの数キロでこうも違うものなのかな。拍子抜けしてしまった。でも一安心。余震がこなければいいな。

関東で地震

日曜日の夕方、私はなぜかそのとき職員室に。

ダンプでも通ったのかと思うような地鳴りがして、「あ、地震だね」と同僚たちを顔を見合わせたのもつかの間、けっこう激しい揺れが訪れた。「しまった、とうとう来たか」と一瞬思ったけど、揺れていた時間は10秒もなかったようで、被害も皆無。

ただ、この揺れだと我が家の食器棚と、リビングの黄色い(一部は白い)熊さんたちが心配、と思って自宅に電話するもなかなか繋がらず。どうしたのだろう、落ちた皿でも拾っているのだろうか…。

しばらくして相方から「全然気づかなかったよ~」と電話が。あれだけ揺れたのに、ほんの数キロでこうも違うものなのかな。拍子抜けしてしまった。でも一安心。余震がこなければいいな。

理科展

夏休みの自由研究で学校から選ばれたものが集まる市内の展覧会と、さらにそこで選ばれたものが集まる地区の展覧会が行われた。

私が気に入ったのは、

  • でんぷんを早く消化するスーパー大根おろしの開発
  • アサガオが毎朝開花するための条件
  • 手作りたたら製鉄

の3つ。いろいろと条件を変えて試しており、なるほどそうなんだと大人でも納得できる結果になっていた。

作品を大別すると、環境に関するもの、食品化学に関するもの、身近な物理現象をあつかったものなどがあるが、環境に関するもので面白いと思ったのがこれ。

  • 学校から配られる大量の配布物を再利用する紙作り

確かに学校からの配布物は多いよなあ、と思った。1学期だけで200枚近くあったらしい。

中には科学部でもないのに、夏休みだけでなく年間を通じてこつこつデータを集めている作品もあり、理科離れといわれて久しいけれど、好きな子はいるんだなと思った。

396タイトル

うちのHDD&DVDレコーダの最大録画タイトル数。

これだけあれば…と思うのだけど、気づいたらいっぱいになってしまっていて、大事な場面で「これ以上録画できません」ということがこれまでに2度ほどあった。そのたびに何が原因か分からなくてあたふたしまっていたので、ここにメモしておこう。

#そろそろ(大量の)韓流ドラマもDVD-Rにうつしませんか~>相方

吹奏楽の旅SP

テレビネタの続く今日この頃…

音楽を通じて人間的に成長するとはどういうことか、子どもたちに知って欲しくてこの番組を見るように伝えたのだけれど、どれくらい見てくれただろうか。

現在、合唱祭に向けて朝昼夕と校舎のあちこちから歌声が聞こえてくる。どのクラスも一生懸命でレベルも結構高いのだけど、中にはどうしてもやらされていると感じている子も少なくない。

文化部は運動部に比べて生ぬるいと思っている生徒もいるようなので、ぜひこの番組を見て、スポーツも芸術も感動を与えてくれるチームは日々真剣勝負なんだということを知って欲しい。

それにしてもいつ見ても彼らはすがすがしい。あんな頃があったかな、としみじみ思う。

リアルに描きすぎ!

『飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ』を見ています。

右足切断のシーン、血の気が失せた。こういうときは目を覆うのがいいのか、耳をふさぐのがいいのか。失神した人もいるんじゃないか。

こんな現実が自分の身に降りかかったら…

生きるとは…

生まれたからには、生きるしかない。生き抜くしかない。

タイヤを替えたら

とても快適になった。ブリヂストンのplayz。「運転が楽になる」というキャッチフレーズは伊達ではなく、期待以上のものがある。

インチアップして扁平率が小さいものを履いていたが、実のところわだちに足を取られやすく、格好つけるのも楽じゃないなと思っていた。今回、扁平率を元に戻したこともあってその煩わしさからも解放。ハンドルも取り回しやすくなったし、まるで納車されたときのようにわくわくした気持ちになってくる。

しっかし18インチは高い。見栄をはってつきあいだしたはいいけれど、お金のかかる彼女みたいだ。

押さえ込み!

今日は新人戦。どの競技もそうだけど、新人戦では珍プレーが続出するもの。

夏休み明けに転部してきたA君。まだ基本技もそこそこながら、必死にがんばりました。ところが…

何とか相手をねじ伏せて、押さえ込み状態になった瞬間、主審の大きな「押さえ込み!」という声が。すると彼はその声にびっくりしたのか、はたまた「押さえ込み」という技が決まったと思ったのか、手をゆるめてこちらを振り向いてしまった。

そこを相手に逆に押さえ込まれて一本負け。

応援していた味方も「???」

たくさん立ち合いの練習はしたけど、審判がついてってのは無かったからね。何事も経験、がんばろう。

休力?

最近、教師力とか親力とか、「~力」という言葉が流行っているようだけど、先日相方がこんな手紙を生徒からもらってきた。

「休力を高めるにはどういう食事をしたらいいのか分かった。」

ん?休力? 体力か。 あわてて間違えたな。

…ところが、この手紙の中にあと5回も「休力」が出てくる。

書き手は中3。日頃彼らと接している私からすると、この手の間違いは今や驚くべきことでも、珍しいことでもないけれど、「こんな間違い、小学生レベルだよ…」と相方には相当ショックだったらしい。

でも「休力」というものが、周りのことを考えずに有休が取れたりできる力だったりしたら、私もちょっと欲しいかも。

ホント、学校の取材をしていると
唖然とさせられることばかりで……。
ついつい、自分たちの頃と比べてしまって
「こんなんでいいの?」と。

競争がないのも善し悪しなんですかね~(T-T)

こんにちは、maniさん。

私たちの頃にも全く無かったというわけではないですけど、最近、とくに男の子の書く字が読みづらいですね。

もう、ノートの罫線なんかお構いなしだったり、漢字なのに「筆記体」状態だったり…。テストに書く自分の名前すら怪しい子もいます。

だから硬筆展なんかすると「味のある」作品ばかりで、金賞を選ぶのが難しいですね。

今週を振り返って

結局ブログの更新は週末しかできなかった。日頃仕事があると更新ってなかなか難しいなぁ。日記を書こうにも、おもしろかったテレビのことぐらいしかないのが悲しい。あ、キンモクセイが咲き始めたね。とてもいい香り。

面白かったテレビといえば、「笑ってこらえて」の吹奏楽の旅。良質な番組に贈られるというギャラクシー賞を受賞したらしいけど、若者の醜いところをあげつらう番組が多い中、こういうのが増えるといいね。

今週は理科展の準備でドタバタしてしまった。目録作りはエクセルのマクロでオートメーション化されているらしいが、使い方がわからず結局各学校から送られてきたデータをカットアンドペースト、そしてソートしまくり。

さて来週は部活の新人戦。仮病と遅刻魔の集まりの我が柔道部はどうなることやら。休日の練習に出てこず、家に電話をかけるなんて信じられます?勝とうっていう気があるのかなあ…。

PS. 今週末も黄色い熊を一匹捕獲。

茶房's

CA250015e  こちらは先週行ったらなぜか休みだった茶房's (ちゃぼうず)。再び立ち寄ってみることに。

本格的な中国茶が味わえるお店らしいけど、私たちがオーダーしたのは「ディタマンゴー」と「カシスオレンジ」。食事は「ベトナム風生春巻き」と「サーモンクリームのフェットチーネ」。

春巻きは大きなホタテの貝柱も入っていてボリュームたっぷり。サーモンクリームもサーモンがとてもいい香りだった。店構えはおしゃれでちょっと気取ったお店ですが、値段はそれほど気取ってない…と思ったのは酔っぱらっていたせいか。

CA250017e CA2500162e

パチャンガ

CA250013e  前に一度探してみてたどり着けなかった「一軒家カフェ パチャンガ」。古い民家を改装してオープンカフェにしており、土足で板の間に入っていくとまるでガサ入れに来た刑事みたいな気分になれる。

相方がオーダーしたのは「牧場の夢」という牛乳焼酎。へぇー、きっと白くてアンバサみたいなんだろうなー、と思っていたら、出てきたのはこちら。CA250008e

「ちなみにどちらのお酒なんですか?」と店員さんに尋ねたら、「北海道です」とのこと。焼酎というと南方というイメージがあったけど、べつに糖分が含まれていればいいんだもんね。

さて、お味は…。においは乳酸菌飲料のようないい香り。口に含んでみると…うわー、アルコールじゃん!って当たり前か。ロックだし。私はこんなものは飲めません。火を噴いて倒れてしまいますから。

ところが相方は私が黒ビールを飲むより早く空けてしまったとさ。

一緒に頼んだ料理は下の2つ。ラオス風チャーハンと、チリビーンズ。ラオス風チャーハンは、愛・地球博で食べたものより和風で、パクチーの臭みもなく、キュウリとパプリカでカラフルにしてある感じ。オイルがちょっとそれっぽかったかな。やはりアジアご飯は日本人向けに妥協していない方が美味しいね。

CA250003e CA250005e

しょっぱ!

CA250020e  前から気になっていた、近場にできたラーメン屋さんに寄ってみた。

結論から言うと、「グルメ・クッキング」のカテゴリーには入れられない。あえて店名は控えておこう。ご覧の通りのレンゲの大きさからわかってしまうかな。天下無敵、究極のげんこつラーメンという宣伝文句だが、何ともしょっぱい。

写真はげんこつラーメン680円。麺は縮れ麺で好みなんだけど、麺にスープがよく絡むぶん、まるで麺にしょっぱさがしみこんでいるかのように感じる。シナチクも色からしてしょっぱいし、たまごは固ゆでだった。うーん、惜しい。

良かったところと言えば、テーブルには冷水のタンクがおいてあって、癖のない美味しい水がたくさん飲めたこと。相方曰く、これは390円ラーメンと同等以下だと。

深夜だったが続々と来客があるのは、となりに24時間インターネットカフェがあるからだろう。