下流社会

karyu  最近のもやもやをすっきりしてくれる面白い本を見つけた。

「ニート」と「認知症」はほぼ同時期に登場した新語だと思うが、子どもたちの間での「ニート」の浸透はすごい。すごいが彼らはその意味するところを本当にわかっているのかというと疑わしい。 

さて、食料品は段ボールをあけたものを並べるスーパー、衣料品はユニクロ、雑貨は100円ショップ、医薬品はドラッグストア、これだけあれば商店街もデパートもいらない、そんな町が増えてきているように思う。

しかしこれは一見便利なようで、本当に欲しいものは手に入りにくい。いい例が書籍で、近くの書店に行っても売り場面積は広いのに流行のものと雑誌とマンガしかない。これは書籍以外にも言えることで、もしかしたら私たちは知らず知らずのうちに質の悪いサービスを受けているのかも知れない。

痛快なのは、この下流社会化を促進しているのは「自分らしく」「個性を大事に」という教育であるという下り。まさにその通りだと思う。教育も安かろう悪かろうの公立教育と、エリート養成の私学に分かれてゆくのは必然のようだ。注意をすれば殴ってくる小学生、どうしたらいいんでしょうね。

それにしてもお隣さん、もう11時過ぎてるんですけど幼稚園は明日はお休みなのですか?毎晩子どもがはしゃぎまわっていますけど…。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://saikyo.la.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/48

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません)

最近のコメント