がっかり寿司

回転寿司に行ったときのこと。

「鯖の棒ずし」を頼んだら、さんざん待たされたあげくに厨房から出てきたのは、しっぽの部分を含む2切れだった。

どうやら私が注文してから丸々一本作ったらしく、その直後に回転レーンの上に置かれた皿を見ると、どれもちゃんとした真ん中の部分が2切れ使われた寿司がのっていた。

しばらくしてから近くにいた人が頼んでいたのを見たら、これまた端の部分が使われたものが厨房から届けられていた。

確かに、レーンの上に端の部分が使われている寿司を載せたら見栄えが悪いけれど、だからといってわざわざ注文した人に端の部分を出すのは失礼だろう。

いつもひいきにしていた寿司屋だっただけに、とても残念だった。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://saikyo.la.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/39

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません)

最近のコメント