2005年09月

下流社会

karyu  最近のもやもやをすっきりしてくれる面白い本を見つけた。

「ニート」と「認知症」はほぼ同時期に登場した新語だと思うが、子どもたちの間での「ニート」の浸透はすごい。すごいが彼らはその意味するところを本当にわかっているのかというと疑わしい。 

さて、食料品は段ボールをあけたものを並べるスーパー、衣料品はユニクロ、雑貨は100円ショップ、医薬品はドラッグストア、これだけあれば商店街もデパートもいらない、そんな町が増えてきているように思う。

しかしこれは一見便利なようで、本当に欲しいものは手に入りにくい。いい例が書籍で、近くの書店に行っても売り場面積は広いのに流行のものと雑誌とマンガしかない。これは書籍以外にも言えることで、もしかしたら私たちは知らず知らずのうちに質の悪いサービスを受けているのかも知れない。

痛快なのは、この下流社会化を促進しているのは「自分らしく」「個性を大事に」という教育であるという下り。まさにその通りだと思う。教育も安かろう悪かろうの公立教育と、エリート養成の私学に分かれてゆくのは必然のようだ。注意をすれば殴ってくる小学生、どうしたらいいんでしょうね。

それにしてもお隣さん、もう11時過ぎてるんですけど幼稚園は明日はお休みなのですか?毎晩子どもがはしゃぎまわっていますけど…。

北海道展 スイーツ

DSCF0670ke 下のラーメンだけでは終わりません。というか終われません。今回の目的はこれらのスイーツたち。まるでケーキ屋でも開かんばかりに買い込みます。我が家にはまだ2人しかいないというのに一体誰が食べるのでしょうか…

さて、まずはこちら。「北の国から」じゃなかった、「白い恋人たち」でおなじみ石屋製菓の「ハイミルクショコラロール」。

DSCF0675ke  切り口はこちら。たかがロールケーキと侮るなかれ、柔らかくて口溶けがよく、チョコの味もしつこくなくてさっぱり目。軽いのでどんどん口に運んでしまいます。

DSCF0676ke

こちらは「白いロールケーキ」…まんまですね。手分けして列に並んで買い物してきたら、当初ショコラロールだけにしようと言っていたはずなのに、両方買ってきてしまったようです。まあこうなる展開は読めていましたが(^ ^;

DSCF0680ke  お味の方はミルクミルク(→とてもミルクの味がするの意)。千歳飴のような不二家のミルキーのような懐かしい香り。このエッセンスは何なんだろう。

ショコラ同様とてもふんわりと軽くて、南海キャンディーズのしずちゃんならずとも1本ぺろっと食べられてしまい…うーん、ちょっと無理かな、それは。

DSCF0687ke お次は小樽の洋菓子屋さん『ルタオ』(って小樽の逆さ読みかい!)の「ドゥーブルフロマージュ」。 フワフワのレアチーズケーキ。クリームチーズとマスカルポーネを2層にしたのだそうだけど、何がなんだか私にはわかりません。とにかく口の中で溶けて飛んでいってしまいそうなくらいフワフワです。体は重くなりそうですが。

DSCF0694ke 今回初出店らしい『きのとや』のチーズタルト。10時開店でちょっと10階の催事場まで遠回りしてしまったらすでに行列ができていました。さすが、「限定」とか「初」に弱い日本人。と思っていたら「はい、ここに並んどいてね」と言われて私が買いました。

味は、同じチーズケーキでもこちらはしっかりチーズの香りが前面に出た、いわゆるベークドチーズケーキの味に近いかな。でも中はムース状。ブルーベリージャムの酸味がチーズにとてもよく合います。うーん、どれも美味しいぞ。

DSCF0696ke  最後は『ペイストリー スナッフルズ』のチーズオムレット。これは相方が職場に持って行ってしまうので味見していません。と思ったら、買ったときに一口試食させてもらったけど、これだけ立て続けにケーキを食べたのでかき消されてしまいました。

なんでもこのお菓子は国内線のスチュワーデスフライトアテンダントさんが流行らせた…とのぼりに書いてあったそうな。相方もかつておみやげに1つもらって、とりこになってしまったそうです。

というわけで、今回3回目の北海道展。というか、最近のデパートは北海道展をすればお客が集まると味を占めたようで、1年の間に2,3回やっているような気がします。そしてその戦略にまんまとはまっている私たちは…さーて、次回のラーメン屋さんはどこが来るのかなー!

北海道展 らーめん

万博最終日、朝からゲート前は長蛇の列…ってこちらはデパートの催事場で行列に並んでおります。お目当てはこのラーメン。江別市から出店の「銀波露」。

豚骨ベースの醤油味で、長ネギとタマネギが入っていていい香り。チャーシューが箸でつかむと崩れるほど柔らかい。ごまと揚げニンニクチップが振りかけられていて空きっ腹にはたまらない。

そして今日も小池さん的生活…。やめられませんな(^_^;

2匹捕獲

SN260003e  居酒屋を2軒はしごした後、ゲームセンターで2匹捕獲。どうしたら取れるかとガラスにへばりついていた私たちを不憫に思ったのか、店員さんがとりやすい位置に置き直してくれた。それでも1発では取れず、2匹で千円を投資。

その後、お茶タイムということでスタバへ。私は夏場はキャラメルフラペチーノ(ホイップ付き)と決めてるけど、昨日は初めてランバフラペチーノを注文。うむ、これもなかなかうまい。しかしサイズはショート。こんな甘いもの、トールでは飲みきれないし、どう見てもカロリーオーバーだ。(それ以前にはしごしている時点でオーバーしているという話もあるが)

で、捕獲した2匹をテーブルにおいて1枚。日中の混雑時ではなかなかできないが、夜だと外から丸見えでもあることに、家路を急ぐ通行人の視線を感じて気づく。

こうして我が家のリビングは熊だらけになってゆくのであった…。

スーパーサイズミー

先日、新宿に行った際に相方がスーパーサイズミーというDVDを買った。

少し前、アメリカで肥満の原因はマクドナルドだと訴えたという話しがあったけど、それを見た監督が自分で1ヶ月のあいだ毎食毎食マックを食べ続け、どうなるかという暴挙に出たという話し。

なんだか自分の不健康さを指摘されているようで、ラーメン大好き小池さん的な生き方も変えなくちゃと思ってしまった。

これは保健や食育教育にももってこいだ。民間が参入したブッフェ方式の給食の行き着く先など、本当に日本はアメリカが失敗したことをわざわざ10年後に同じ轍を踏んでいる気がしてならない。

食生活って大事だからねぇ。
僕も休みの日の小池さん生活改めないと(^^;

そういえば中3の時の担任が、小池先生で、
あの小池さんそっくりなんですよ。本人曰く、
「あの小池さんのモデルは僕なんだよ!」

でも、何だか信じてしまいそう。
それくらい似ていました(^^)

ども、いよいよ万博も千秋楽だね。

ラーメンといえば、新宿の桂花に連れて行ってくれたのはtakashiくんだったっけ。今でも時々池袋店に行きます。

小池先生のようなユニークな先生は、きっと何年経っても友達の間で話題になるし、きっとシナイの学校をまわっているだろうから地域でも有名人になっているかもね。

かれんと

 ラーメン大好き小池さん的生活から抜け出すことはとても難しく、気がつくといつの間にか麺をすすっているという私(たち)。

というわけで、雑誌で見つけた「焙煎らーめん かれんと」へ。鰹節か煮干しか、最近流行のさっぱりしただしに、揚げネギ、煎りゴマで焙煎さをプラス。味噌ラーメンと醤油ラーメン、そして鮭マヨ丼を注文。写真は醤油ラーメンと鮭マヨ丼。調味料皿(あれってなんて言うんだ?)には揚げニンニクチップが。

麺は太く縮れていて美味しかった。味噌も味噌らしい香りがしていいけれど、醤油の方がだしを楽しめる感じ。焼き豚が厚めで大きく、これまた懐かしいチャーシューの味。

川越では、西口の「まるしょう」やまるひろ近くの「近喜屋」などがお気に入り。そこに加えてもいいかな、と思った。

次は…R254沿いの「勇成」かな。

新宿へ

紀伊国屋に行ってみた。 うーん、これならわざわざ新宿まで行かなくてもジュンク堂でいいかな。

いろいろ買ったけど、英語で書かれた理科のテキスト(物理)が面白い。書いてある内容は中学生レベルだから、選択理科あたりで読ませてみるのもいいかも。それともますます理科嫌いが増えるかな。

あとは岩波新書で『ドキュメント屠場』と『翻訳と日本の近代』。本当は『翻訳語成立事情』を探していたのだけど、なぜかどうしてもこのときは書名が思い出せなかった。ちゃんとメモしておくべきだった。

『~屠場』のほうは、まえに道徳の時間に『いのちの食べ方』を取り上げたので、その延長として紹介したい。ジュニア新書もそれはそれでいいけれど、岩波新書を手に取る中学生がいてもいいと思う。

PICT1145e  その後スタバでお茶してこんな写真とったりして、FLANCFLANCで雑貨を見て、夕方相方の弟くんと合流して居酒屋へ。

カラオケの帰りに

PICT1106e  久しぶりにカラオケに行った。いろいろ歌った中で面白かったのが、「もののけ姫」。1番が終わって2番を歌おうとしたら…。

「あああああーあああー」

「うううううーううーううー」

なんじゃこりゃ、こんな歌だったのか!

さてその帰り。空には放射状の雲が。こういうのってよく「地震雲」として扱われたりするんだよなあ。よし、もし数日のうちに近場で地震が起こったなら、地震雲の存在を認めよう。

日の丸ステッカー

…をフロントガラス内側にくっつけて走っている車が目立ってきている。どうやら当地のFMラジオの企画らしい。

そして、このステッカーをつけた車どうしがすれ違うときには、なんらかの合図を送ろうということらしいが、先日はじめてその現場を見た。

私の車の後ろにステッカーをつけた車が走っていたので、前方からステッカーをつけた車がくるのを待っていたら、ちょうどやってきて、後ろの運転手が「グッジョブ!」の合図を送ったのだ。

へぇ~、ほんとにやるんだ。と思った。

でも、そこまでしてコミュニケーションしたいのか、そもそも日の丸を車につけるなんて品がない…と思うのは、楽しむ気持ちが足りないだろうか。

がっかり寿司

回転寿司に行ったときのこと。

「鯖の棒ずし」を頼んだら、さんざん待たされたあげくに厨房から出てきたのは、しっぽの部分を含む2切れだった。

どうやら私が注文してから丸々一本作ったらしく、その直後に回転レーンの上に置かれた皿を見ると、どれもちゃんとした真ん中の部分が2切れ使われた寿司がのっていた。

しばらくしてから近くにいた人が頼んでいたのを見たら、これまた端の部分が使われたものが厨房から届けられていた。

確かに、レーンの上に端の部分が使われている寿司を載せたら見栄えが悪いけれど、だからといってわざわざ注文した人に端の部分を出すのは失礼だろう。

いつもひいきにしていた寿司屋だっただけに、とても残念だった。

三菱グランディス

CMの撮影地はどこだろう。

バックに写っている山が武甲山に見えるんだけど、秩父で撮影したのかな。

…それだけ。思い出したので書いておこう。

9月は潮位が高い

台風14号がゆっくりと九州を縦断し、甚大な被害をもたした。

一方、ニュースでは「この時期は年間を通じて潮位が高く…」と何度も繰り返しているが、何でそうなるのか分からなかったのでちょっと調べてみた。すると、

  • 水温が一番高くなる = 水が膨張している
  • 日本付近の気圧が年間で一番低い = 海面が盛り上がる

ということのようだ。

へぇ~×15 (一人あたり) ぐらいかな。

こんなに続くとは

コミックの単行本で買い続けているのが2つ

  • ジパング かわぐちかいじ著
  • 機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 安彦良和著

数年前、どちらも数巻で終わるだろうと思って買い始めたら、ジパングは現在20巻、ガンダムは10巻になって本棚をじわりじわりと占領しつつある。

いや、もう一つあった。浦沢直樹の『PLUTO』。でもこちらはずいぶん単行本化の間隔が長くて現在2巻。数ヶ月したら発売されるコミックはささやかな生きる楽しみだ。

相方は『ベルばら』3~5巻をまとめ買いした。5巻完結ぐらいがちょうど良い。

結婚式に

出席するので久しぶりに秩父まで出かけてきた。若い新郎新婦はスポットライトが無くともキラキラ輝いていた。どうか末永くお幸せに。

CA250004e  その帰り、長瀞にちょっと寄って久々に岩畳の上を歩いてきた。先日、テレ東の「アド街ック天国」で秩父や長瀞が紹介されていたので夏休み中なら混んだだろうけど、今日は夕方ということもあって散歩するにはちょうどよかった。

CA250007e その後、これまた久しぶりに焼き肉屋の山田ホルモンへ。秩父にいた頃は何かにつけてみんなで行ってたけれど、こちらに来てもう1年以上行ってない。

牛肉のレパートリーが減ってしまったのが残念だけど、牛カルビや豚レバー、知床鳥などがおいしかった。二人で飲んで食べても3千円。なかなかこちらではこの値段でこれだけの質のものは食べられない。