『アイランド』

前回、『宇宙戦争』を見てがっかりしていたのでその口直しのつもりで見に行ったけど、期待を上回る作品だったと思う。予告編でかなりストーリーは読めてしまっていたが、それでも単純明快かつスリリングな展開を楽しむことができた。SFとしての面白さは『タイムライン』に近いかな。こちらも難しい考証は抜きにして単純に楽しめた。

さて、派手なカーアクションをよく見ていると、キャデラックのコンセプトカーなど現存する高級車が多数登場し、ロスで見たインフィニティFXやRX-8もちらりと見えた。それらの高級車を惜しみなくボッコボコにするあたりは何とも痛快(あー、もったいない)。

近未来SFということで『マイノリティ・リポート』(これは面白かった)を彷彿させたり、ホバートレインやスクーターの音はスターウォーズからのサンプリングかなと思わせたり、映画監督も大変だなあとそういう面でも楽しめる。

クローンに関する考察はいろいろ議論になっているが、あの後のクローンたちはどうなるのだろう。一見ハッピーエンドだけれども、ここからが本当の「アイランド」を求めて苦難の道かも知れない。

この日の予告編では『ハリーポッターと炎のゴブレット』、『チャーリーとチョコレート工場』が紹介されていた。『ハリー~』の方では3人の成長の様子がフラッシュで映し出され、さながら西洋版の『北の国から』のよう。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://saikyo.la.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/13

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 『アイランド』:

» 高級車 送信元 自動車事典
高級車高級車(こうきゅうしゃ)とは装備が豪華で高額な自動車(おもに乗用車)のことである。対義語に当たるものとしては大衆車がある。Wikipediaより引用... [詳しくはこちら]

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません)

最近のコメント