地震予知

7日早朝、千葉県を震源とする地震があった。先月、都内で大きな地震が起こり、週刊誌には巨大地震が5日に関東地方を襲うなどと書かれていたので、揺れを感じたときにはちょっと緊張したが震度3程度で済んだ。

地震予知については、地道な地殻変動の観測から前兆を見出そうとする科学者と、超常現象的な用語でなんとなく煙に巻く研究家の間の距離がかけ離れてしまっている。われわれ一般人はただただ不安になるしかない。ついには全国紙にも美しい虹の写真でも載るように「地震雲」という写真が紹介されるようになってしまった。

地震雲はたとえ見えたとしても後からあれがそうだったのかも知れないという域を超えていないが、地震の前には大気の電離状態に異常が生じるという観測はこれに比べると確かなものだ。地震雲も実験室で作り出せるかどうか、検証を待ちたい。

スマトラ島沖地震の際にも野生動物の被害が少なかったことなどから、何かしらの地震の前兆を動物が感じているのだろうと考えられるが、そういった動物実験をしているという話はあまり聞かない。あくまで地震は地中で起こるものだから、地殻の変動を察知し、瞬時に被害を計算して対策を呼びかけるシステムの開発が進められている。東北地方の小学校には、教室の前にあと何秒で震度いくつの地震が到達するという電光掲示板があるらしい。

しかし、もし予知してしまったらかえってパニックになりはしないだろうか。津波は沖に見えてから到着するまでにしばらく時間があるが、地震はそうはいかないだろう。あと30秒で震度6の地震が起こりますといわれて、平常心でいられるとは思えない。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://saikyo.la.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/12

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません)

最近のコメント