ブログ論

ブログが誕生した背景には、HTMLで日記やコラムを書く人が多かったということがあげられるだろう。誰もが様々な事象について自分の考えを持っており、そのことを他者に伝えたいという欲求があるということだ。

一方でブログは自分がこの世に存在している、という証明になる。仮に作者がこの世を去った場合、ブログはその後も小説や音楽などの芸術と同じようにこの世に残り、サーバーが壊れない限りメッセージを発信し続ける。

さて、ブログも書けば書くほど、小説や絵画、音楽のようにその人の人となりを表すものになってくる。早くいえば文体や表現方法がワンパターンになり、よくいえば個性が見えてくる。

もう少し大きな単位で考えると、その人の年代や職業、さらには国民性や教育の程度なども現れてくるだろう。討論番組を見ていれば分かるが、議論が幼稚だったり、水掛け論だったり、それと同じようなレベルのことがブログの世界でも展開されるであろう。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://saikyo.la.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/11

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません)

最近のコメント