馬車はいいけど…

道には踏んだら毛、じゃなくてPICT1781e 糞だらけ。

中でもノイシュバンシュタイン城に続く山道はものすごかった。アスファルトで舗装されている道のど真ん中にスコップ2,3杯分もの馬糞が、ドン!と鎮座ましましている。

そして馬車の車輪で踏みつぶされ、ずーっとずーっと黄土色の2本の轍がのびてゆくのである。もはやさけて歩くことは不可能に近い。においはさほど強くないけど、くさいことには変わりない。ただ、はえがブンブン飛び回っていないのは不幸中の幸い。(しかしレストランの中には結構いる)

中世の面影を残す町ではほとんど同じ状況である。盛り土かな、と思うと馬糞。なんで石畳の間に枯れた芝生があるのだろうと思ったが、それくらい辺り一面に散らばっているのだ。

馬と共存している町では、これが当然なのだろう。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://saikyo.la.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/31

よいちさん、お久し振りです。maniです。
遅ればせながら、Blog開設おめでとうございます。

馬糞と言えば、隠岐も凄かったです。
牛馬が放し飼いにされている区域では、
道という道に馬糞・牛糞が。
で、車で通ると滑るんですよね。にゅるっと(TT)
きっとバイクで突っ込んだらコケて大変なことになるでしょうね~(^^;

……って、初コメントがこんな話題でスミマセン。

こんにちは、maniさん。お久しぶりです。
何人かの友人がblogを開設しているのを見て、私も勢いで開設してみましたが、早速ここ数日ブランクができてしまいました(^^;

隠岐の話もすごいですね~。車がスリップするなんて!バイクでこけたらもっと怖い。

日本の観光都市ではちょっとまねできないでしょうね。

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません)