神のものは神に

…という言葉が聖書にあるそうで。

なぜいきなりこんなことを書くかというと、コンビニで買ったお弁当のゴミをどうするか考えたからだ。職場で処分しようとすると、油汚れをきれいに洗ったり包装と容器とを分別したりと結構手間がかかる。ならばそのままコンビニのゴミ箱に捨てて帰ればいいという話しになった。

コンビニは確かに「便利」だが、大量生産、大量消費の時代、店先のゴミ箱までが「便利」なゴミ箱になってしまっている。

もともと商店の店先にゴミ箱はなかった。商品は家庭に持ち帰ってから開封されたり飲食されたりして、ゴミはすべて自宅から近くの集積所に出されていた。それが自動販売機が登場してその脇にゴミ箱が隣に置かれるようになった。その場で飲み干してしまうからである。

コンビニのゴミ箱についてもこの延長にあると考えられる。コンビニでは買ってすぐに食べたり飲んだり、袋を開封したりとゴミが出る。買った側からするとそれを家庭に持ち帰るのは邪魔だし、売った方とすればその辺に捨てられては困る。

しかしゴミ箱を設置してしまうと、他店で買ったゴミも入るし、自宅のゴミを捨てに来る輩も出てくる。それはいかんと思うが、そもそもゴミに帰属があるのだろうか。

集積所に出すゴミについては、曜日を守っていれば「これはどこそこで買ったものだからそこに返して下さい」と言われることはない(車や家電についてはリサイクル法が始まったが)。ゴミ箱を設置するということはそういうことではないだろうか。

コンビニ店頭のゴミ箱は今後どうなるだろう。コンビニから出るゴミは、コンビニ業界全体の問題である。家庭から出すゴミ並みに分別が厳しくなるだろうか、それとも根拠は違うが地下鉄のようにゴミ箱自体が撤去されてしまうだろうか、はたまた料金を入れないと口が開かないゴミ箱が登場するのだろうか。

神のものは神にとのたもうたイエスならばなんと言うのだろう。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://saikyo.la.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/19

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません)

最近のコメント