ジョッキに目盛り in 欧州

ドイツでは、ビールのグラスやジョッキの上の方に、量をごまかさないようにと線が引いてあった。ビールやワインが水代わりという国なので、酔っぱらって絡まれないためだろうか。

そもそもビールはジョッキからあふれるくらいにして客に出すのが作法かと思っていたので、本場ドイツでこんなふうになっていたとはちょっと意外。でも規格とかにうるさい工業国らしさがあっていいかも。

ビールといえば、フランス最後のレストランで出てきたのはジンジャーエールで割ったような味がした。日本でもシャンディーガフだったか、そういうカクテルがあるけれど、それにとても近かった気がする。

それから、帰国してから飲んだびっくりドンキーのベルギーチェリービール、これはなかなかいける。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://saikyo.la.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/32

最近のコメント