落書き in 欧州

日本でも、よく橋の下とかでみかける大きな落書き。あれはいったい何が書いてあるのか分からないんだけど、欧州にもあった。とくにフランスは都心部へ行ったからかもしれないけれど多かった気がする。

まず書いてあるところがすごい。TGVの車両基地周辺の壁には一面だったし、高速道路の壁の内側だったり、地下鉄の駅と駅の間だったり、いつ、どうやって書いてるんだ?と、地下鉄をどうやって地下に入れたかという話ぐらい不思議になってしまう。

で、どこの国の落書きも何が書いてあるのか分からない。少なくとも意味のある単語ではないようだし、暴走族のグループ名なのか、ヘヴィメタのバンド名なのか、あの落書きについて解説してあるサイトってあるのかな。

フランスでは電車にもでかでかと落書きされていたのを見た気もする。そこでふと思った。最近、山手線が電車いっぱいに広告を貼って走っているのは、あれは落書きを予防しているんじゃないかと。

日本では商店街のシャッターとかにもばんばん描かれてしまっていて悲惨なところもあるけど、とりあえず中世の町並みを残すドイツではそういうことはなかったので一安心。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://saikyo.la.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/27

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません)

最近のコメント