トイレ事情 in 欧州

欧州では飲み水に金を払うのはよく知られているが、排泄にもお金がいるとは知らなかった。

だいたい30~50セント。サービスエリアの公衆トイレのようなところだと、入口でコインを入れるとゲートが開くところが多い。市街地だと電話ボックスのように移設トイレのようなのが立っていて、お金を入れてはいる。しかし長い間入っていると室内の自動洗浄がはじまり、全身泡まみれにされるそうなので注意。

極めつけはこちら。座りっぱなしだと体がくるくる回転しそう。日本でもあるのかな。 「VCLP2465.MP4」をダウンロード

PICT1694e ちなみに欧州では小便器の位置が結構高い。身長160cmぐらいからかな。この辺にも大人と子どもの間に一線を引く姿勢が感じられる。ちなみに子供用の小便器があったところでは、便器の中に写真のような的が貼ってあった。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://saikyo.la.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/25

この一覧は、次のエントリーを参照しています: トイレ事情 in 欧州:

» 日本人ご用達の・・・ 送信元 チェンマイ雑記帳
簀子(すのこ)で嵩上(かさあ)げされた男子用トイレ海外旅行をされた日本人男性の大多数が経験していると思うが、海外のトイレは当然ながらその土地に住む人の体系に合わせてある為に一般的な日本人にとっては男子用トイレの便器の取り付け位置が高い。私の知人は、この様....... [詳しくはこちら]

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません)

最近のコメント