奇妙な日本語 in 欧州

旅行中に見かけた奇妙な日本語表記。

スナックのコーナーに「霰」と書かれた袋があった。漢方か何かかと思ったら中身は米菓の「あられ」だ。こう書くのか、と勉強になった。なんでも漢字は彼らにとって字ではなく、一種の絵、デザインなのだそうだ。そして「鬱」とかやたらと画数の多いものを好む傾向があるらしい。

バスで移動中、通りに面して「竹中弁当」とという旗を掲げた家があった。しかしそこは弁当屋でもなんでもないらしい。「竹」「中」という字にシンメトリーな美しさを見出した家主の趣味だそうだ。きっと腹を空かして立ち寄った日本人が聞き出したのだろう。

サービスエリアの売店で、レジのところにライターが並んでいた。どれにも大きく漢字1文字と、その意味を表す英語が書かれていたが、その中に「胆」というのがあった。英語ではSPIRITと書かれていた。

スイスでも大音量で走る車を見かけた。世界どこでも同じなんだなと思っていたら、後ろのガラスに大きく「受」の又の部分が「友」というステッカーが貼られていた。おそらく「愛」と書きたかったのだろうが、肝心な「心」が抜けていた。惜しい!

オルセー美術館でもこんなのがあった。SANY2633e日本語を美しく見せるために縦書きにしたのだろう。しかし長音記号が横棒のままだ。パソコンで日本語を縦書きするときは注意だ。惜しい!

でも、そもそも「上階への直通エスカレーター」というのもよく分からない。実際にこれは最上階へ通じるエスカレーターで、各階で乗り換えるが途中のフロアには出て行かれないというもの。だったら「最上階直通エスカレーター」でいいのではないか。

この類の誤植は愛・地球博の外国館でもけっこう見かけた。日本人が監修していないとしても、誰か言ってやった方がいいと思う。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://saikyo.la.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/24

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません)

最近のコメント