アーロン・ラルストン奇跡の6日間

book080809  書店で立ち読みしていて、貧血で倒れるかと思った本。

単独登山中に事故で岩に腕を挟まれて、自分で腕を切断して下山するか、そのまま息絶えるか、究極の選択を迫られたという話し。ううう、こう書いているだけでも恐ろしい。

そういえば昔もこんな本があった。検索してみたら…これだ、これだ。

『ミニヤコンカ奇跡の生還』 松田宏也 1983年

7,500mを超す山に登るも、凍傷で両手の指と両足のくるぶしから下を失ってしまう。当時自分は12歳。親が買ってきて読んでいたが、初めてページをめくるのが恐ろしいと感じた本だと思う。 彼のプロフィールはこちら

死を見つめた人の手記はどれも鉛のように重い。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://saikyo.la.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/16

テレビでやっている。

…本当に気を失ってしまいそうだ。

ぐぶぅ…

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません)

最近のコメント