2005年08月

javascript格闘中

複数のHTMLファイルの中に同じスクリプトがあるとき、それを外部ファイルにして共有できたら楽だな、と思った。

ところがそれが手軽にできるSSIという機能はニフティではサポートされていないらしく、仕方なくjavascriptで関数化することに。

しかしそれが久しぶりにプログラミングの楽しさと難しさを思い出させてくれた。かつてはこの面白さにはまったものだが、どうも前に比べて頭が固くなったようだ。

しばらくたってから

おかけなおしください、というメッセージ。

先日、コンサートのチケットを予約するので何十回と電話をかけ直した。そのときに何度も何度もこのメッセージを聞いているうちに頭の中で、

「しばらく立ってから、お掛け直し下さい」

と漢字に変換されてしまった。

こんなベンチがあったら面白い。いったん座ってみたらポンとはじき返されたりして。

ジョッキに目盛り in 欧州

ドイツでは、ビールのグラスやジョッキの上の方に、量をごまかさないようにと線が引いてあった。ビールやワインが水代わりという国なので、酔っぱらって絡まれないためだろうか。

そもそもビールはジョッキからあふれるくらいにして客に出すのが作法かと思っていたので、本場ドイツでこんなふうになっていたとはちょっと意外。でも規格とかにうるさい工業国らしさがあっていいかも。

ビールといえば、フランス最後のレストランで出てきたのはジンジャーエールで割ったような味がした。日本でもシャンディーガフだったか、そういうカクテルがあるけれど、それにとても近かった気がする。

それから、帰国してから飲んだびっくりドンキーのベルギーチェリービール、これはなかなかいける。

馬車はいいけど…

道には踏んだら毛、じゃなくてPICT1781e 糞だらけ。

中でもノイシュバンシュタイン城に続く山道はものすごかった。アスファルトで舗装されている道のど真ん中にスコップ2,3杯分もの馬糞が、ドン!と鎮座ましましている。

そして馬車の車輪で踏みつぶされ、ずーっとずーっと黄土色の2本の轍がのびてゆくのである。もはやさけて歩くことは不可能に近い。においはさほど強くないけど、くさいことには変わりない。ただ、はえがブンブン飛び回っていないのは不幸中の幸い。(しかしレストランの中には結構いる)

中世の面影を残す町ではほとんど同じ状況である。盛り土かな、と思うと馬糞。なんで石畳の間に枯れた芝生があるのだろうと思ったが、それくらい辺り一面に散らばっているのだ。

馬と共存している町では、これが当然なのだろう。

よいちさん、お久し振りです。maniです。
遅ればせながら、Blog開設おめでとうございます。

馬糞と言えば、隠岐も凄かったです。
牛馬が放し飼いにされている区域では、
道という道に馬糞・牛糞が。
で、車で通ると滑るんですよね。にゅるっと(TT)
きっとバイクで突っ込んだらコケて大変なことになるでしょうね~(^^;

……って、初コメントがこんな話題でスミマセン。

こんにちは、maniさん。お久しぶりです。
何人かの友人がblogを開設しているのを見て、私も勢いで開設してみましたが、早速ここ数日ブランクができてしまいました(^^;

隠岐の話もすごいですね~。車がスリップするなんて!バイクでこけたらもっと怖い。

日本の観光都市ではちょっとまねできないでしょうね。

バラはバラは…

という歌が隣から聞こえてくる。歌詞は分かるが音程がよく分からない。そういえば今日は本屋で『ベルばら』を2冊買っていた。全部で5巻あるらしい。

ベルサイユ宮殿に行って来てから(確か相方は2度目だったはず)、どうも感化されてしまったようで、「ジュテーム、オスカ~~~~~ル!」と叫ぶ始末。

私以上に影響されやすいのかも…、要注意だ。

Shinha Deepa スリランカ料理

srilanka02esrilanka01e エスニックな味を求めてスリランカ料理店へ。

左がチャーハン(チキンカレー、生野菜サラダ、ミルクティー付き)、右がエビカレー・スリランカセット(ココナッツロティ、季節の野菜カレー、生野菜サラダ、デビルポーク、サンポーラ、ミルクティー付き) どちらも890円。

ココナッツロティとはインドでいうナンのこと。ココナッツが入っているためか、ナンよりも甘く、もちっとした感じ。

デビルポークは、辛さの中にケチャップの甘みと酸味がほどよく感じられる、スリランカの炒め物。

サンポーラは、レンコンやゴーヤなどを素揚げにしてチリパウダー、レモンなどを混ぜたもので、日本でいう福神漬けな役割。カレーに混ぜて食べるそうだけど、直に食べてしまった。ちょっと生臭みがあった。

どれも日本人向けにアレンジしていない、本場の味が楽しめる。カレーは、マイルド、ホット、ベリーホットの3段階から選べるけど、ホットでも十分汗がかける。

ランチはカレーセットが500円(ワンコインランチというらしい)からあって、とてもお得。チャーハンは細長いお米が使われていてパラパラ感があり、カレーと混ぜて食べてもグー。けっこう量もあってお腹いっぱいに。

いかんいかん、旅行から帰ってきたら絶食とかいっていたのは誰だっけ(^_^;

(絶食とは、絶対に食べるの略ではないのか…)

スイスで洪水

車に乗ってラジオから流れてきたニュースがいきなりこれ。えー、と声を上げてしまった。

2つの湖に挟まれたインターラーケンでは湖があふれて市内一面が水浸しだとか。一方、山岳地帯では旅行客が山から下りられずに軍用ヘリコプターが食糧を輸送しているらしい。

おー、あぶないあぶない、間寛平、じゃなくて間一髪だった。確か今週も同じコースのツアーが催行されているはず。大変だろうなあ。

落書き in 欧州

日本でも、よく橋の下とかでみかける大きな落書き。あれはいったい何が書いてあるのか分からないんだけど、欧州にもあった。とくにフランスは都心部へ行ったからかもしれないけれど多かった気がする。

まず書いてあるところがすごい。TGVの車両基地周辺の壁には一面だったし、高速道路の壁の内側だったり、地下鉄の駅と駅の間だったり、いつ、どうやって書いてるんだ?と、地下鉄をどうやって地下に入れたかという話ぐらい不思議になってしまう。

で、どこの国の落書きも何が書いてあるのか分からない。少なくとも意味のある単語ではないようだし、暴走族のグループ名なのか、ヘヴィメタのバンド名なのか、あの落書きについて解説してあるサイトってあるのかな。

フランスでは電車にもでかでかと落書きされていたのを見た気もする。そこでふと思った。最近、山手線が電車いっぱいに広告を貼って走っているのは、あれは落書きを予防しているんじゃないかと。

日本では商店街のシャッターとかにもばんばん描かれてしまっていて悲惨なところもあるけど、とりあえず中世の町並みを残すドイツではそういうことはなかったので一安心。

紳士の国?

SANY2406e  シャルル・ドゴール空港にて。少々年季は入っているものの近未来的なつくりで格好いい。乗り換えまでに少し時間があったので、吹き抜けから見えた下の売店に行きたくなったのだが、こんな風なチューブ式のエスカレーターが上にしか伸びていない。

SANY2404e  不思議だ。確か喫煙者たちは添乗員さんに連れられて下に行ったはず。そこで係員の男性に声をかけてみた。

「下に行く方法を教えてもらえませんか?」と英語で丁寧な表現をしたつもりだったが、返ってきたのは

「ジャンプすれば?」

は?なに冗談言ってるんだよ。フランス語で聞かなかったらそういう返事しかしてくれないのか? 何か言っているが頭に来たので踵を返したら、近くを歩いていた女性が分かりやすく英語で教えてくれた。やりとりが聞こえていたのだろうか。ここは到着ロビーなのでいったん上に出て、下の出発ロビーにエレベーターで下りればいいのだそうだ。

現地のガイドさん曰く、フランスはとても紳士の国で、泥棒もご婦人に丁寧に挨拶をしていたところで捕まってしまったという話しがあるくらいなの、とか言っていたけど、すると彼はフランス人ではなかったか。

フランスへの印象をますます悪くする私であった。

トイレ事情 in 欧州

欧州では飲み水に金を払うのはよく知られているが、排泄にもお金がいるとは知らなかった。

だいたい30~50セント。サービスエリアの公衆トイレのようなところだと、入口でコインを入れるとゲートが開くところが多い。市街地だと電話ボックスのように移設トイレのようなのが立っていて、お金を入れてはいる。しかし長い間入っていると室内の自動洗浄がはじまり、全身泡まみれにされるそうなので注意。

極めつけはこちら。座りっぱなしだと体がくるくる回転しそう。日本でもあるのかな。 「VCLP2465.MP4」をダウンロード

PICT1694e ちなみに欧州では小便器の位置が結構高い。身長160cmぐらいからかな。この辺にも大人と子どもの間に一線を引く姿勢が感じられる。ちなみに子供用の小便器があったところでは、便器の中に写真のような的が貼ってあった。

奇妙な日本語 in 欧州

旅行中に見かけた奇妙な日本語表記。

スナックのコーナーに「霰」と書かれた袋があった。漢方か何かかと思ったら中身は米菓の「あられ」だ。こう書くのか、と勉強になった。なんでも漢字は彼らにとって字ではなく、一種の絵、デザインなのだそうだ。そして「鬱」とかやたらと画数の多いものを好む傾向があるらしい。

バスで移動中、通りに面して「竹中弁当」とという旗を掲げた家があった。しかしそこは弁当屋でもなんでもないらしい。「竹」「中」という字にシンメトリーな美しさを見出した家主の趣味だそうだ。きっと腹を空かして立ち寄った日本人が聞き出したのだろう。

サービスエリアの売店で、レジのところにライターが並んでいた。どれにも大きく漢字1文字と、その意味を表す英語が書かれていたが、その中に「胆」というのがあった。英語ではSPIRITと書かれていた。

スイスでも大音量で走る車を見かけた。世界どこでも同じなんだなと思っていたら、後ろのガラスに大きく「受」の又の部分が「友」というステッカーが貼られていた。おそらく「愛」と書きたかったのだろうが、肝心な「心」が抜けていた。惜しい!

オルセー美術館でもこんなのがあった。SANY2633e日本語を美しく見せるために縦書きにしたのだろう。しかし長音記号が横棒のままだ。パソコンで日本語を縦書きするときは注意だ。惜しい!

でも、そもそも「上階への直通エスカレーター」というのもよく分からない。実際にこれは最上階へ通じるエスカレーターで、各階で乗り換えるが途中のフロアには出て行かれないというもの。だったら「最上階直通エスカレーター」でいいのではないか。

この類の誤植は愛・地球博の外国館でもけっこう見かけた。日本人が監修していないとしても、誰か言ってやった方がいいと思う。

本館にて ライン河クルーズ記録

PICT1547e本館に「欧州紀行」と題して、旅行の写真をアップし始めた。とりあえず日程順にライン河クルーズから。正直、あんまりうまくとれていないのが残念。偏向フィルターをつけたときの露出や、ズームと広角の使い分けがいまいち。構図も相方の方が上手かも。

昨日の午後は時差ぼけがつらかった。ちょっと机に伏せたつもりが体が鉛のように重く感じられた。起きあがろうにも腕立てをするぐらい力を入れないと起きあがれない。呼ばれて返事をしたくても口から泡を吹くだけで、まぶたを指で開かれるという最悪な夢を見た。

cuboro ゲット!

cuborobox  愛・地球博のスイス館で目にしてからほしいほしいと思っていたcuboro (クボロ/キュボロ)を、旅行先で入手!

スイスはインターラーケンで、夕食後に商店街を歩いていたら意外と早く発見。でもそのお店にはstandardが置いてなく、basicやplusしかなかった…。

cuboroshop  翌日、今度は木彫りのおもちゃのお店として、ガイドブックにも載っていたALBERT SCHILDにて発見。価格は135ユーロで、日本で買うよりも安い!って当たり前か。でも箱を手に取ってみると、さすがに5センチ四方の積み木が54個も入っているだけあって重い!

cuboro01  スーツケースの重量制限ぎりぎりでお持ち帰り。まさかこの年になって一人で積み木遊びをするとは思わなかったけどおもしろい。これは大人も子どもも年齢を超えて楽しめるというのが頷ける。

おかえりなさい!楽しかったみたいだね。
重さのことなど考えず、気軽に「向こうで買えば
安いのでは?」と言ってしまったので、大丈夫
だったか心配していました。ギリギリだったとの
こと、ホッとしました。でも、重い思いさせて
しまったね。

山の天気が良かったみたいで(^^)。
僕もまた行きたいなぁ。

ども、無事帰ってきました。
台風が近づいてるけど大丈夫ですか。

スイスではほんとにいい天気で、最高の山々を見て来られました。写真もドイツ編が終わり次第アップするのでお楽しみに。

cuboroはびっくりするくらい重たかったけど、日本の7割ぐらいで買えたので満足満足(^_^)

本物めぐり

mh01  無事、帰ってきました。今回はドイツ、スイス、フランスと巡ってきたけど、自然や芸術など、有名なものの実物を見て回って来られたので、順次紹介できればと思います。

写真はスイスのマッターホルン。好天に恵まれ、ハイキングしながらの撮影。

さて、明日から仕事だ。時差ぼけがつらいだろうな…。

新OSで名前が表示できません

下で「神のものは神に」なんて、旅行前にちょっと物騒な記事を書いたので、口直しに。

なんでも、次期Windowsでは漢字の表示が拡張されるようで。

森鴎外の鴎の字が、正しく表示できるようになるそうで。

でも…

私の名前は表示されなくなってしまいますから~、残念~!

たとえVISTAで見晴らしが良くなっても、私のことまでは見えてませんから、斬りぃ!


PS. テレビで波田陽区といとうまいこの1万円共同生活を見てたけど、波田の食べ方はテーブルに肘ついてて行儀悪いなぁ。チャーハンやルーのかかったご飯の食べ方を指摘されたムッとしてたけど、一人暮らしが長いから好き勝手にさせてくれって、言ってくれるだけありがたいと思わなくちゃな。

でも、カレーとかルーのかかったご飯をよく混ぜるのは、本場じゃ当たり前ってことは素直に彼女に言えばいいんだ。私は小さい頃、インド人経営のカレー屋に行ったとき、食べ始めようかと思ったらいきなり店員さんがやってきて、目の前でぐちゃぐちゃに混ぜられて悲しかった思い出がある。

 波田陽区(単語登録しておかないとなかなか面倒な名前だ)と伊藤麻衣子(これは一発で出たぞ)の1万円生活、一週分とばしてみたけれどハッピーエンドでよかった。

 波田には本当にいい経験になったと思う。

 それにしてもこの番組に出てくる人たちの料理のテクニックには驚かされる。そんなことどこで覚えたの?の連続。好きこそものの上手なれ、なんだろうなあ。

神のものは神に

…という言葉が聖書にあるそうで。

なぜいきなりこんなことを書くかというと、コンビニで買ったお弁当のゴミをどうするか考えたからだ。職場で処分しようとすると、油汚れをきれいに洗ったり包装と容器とを分別したりと結構手間がかかる。ならばそのままコンビニのゴミ箱に捨てて帰ればいいという話しになった。

コンビニは確かに「便利」だが、大量生産、大量消費の時代、店先のゴミ箱までが「便利」なゴミ箱になってしまっている。

もともと商店の店先にゴミ箱はなかった。商品は家庭に持ち帰ってから開封されたり飲食されたりして、ゴミはすべて自宅から近くの集積所に出されていた。それが自動販売機が登場してその脇にゴミ箱が隣に置かれるようになった。その場で飲み干してしまうからである。

コンビニのゴミ箱についてもこの延長にあると考えられる。コンビニでは買ってすぐに食べたり飲んだり、袋を開封したりとゴミが出る。買った側からするとそれを家庭に持ち帰るのは邪魔だし、売った方とすればその辺に捨てられては困る。

しかしゴミ箱を設置してしまうと、他店で買ったゴミも入るし、自宅のゴミを捨てに来る輩も出てくる。それはいかんと思うが、そもそもゴミに帰属があるのだろうか。

集積所に出すゴミについては、曜日を守っていれば「これはどこそこで買ったものだからそこに返して下さい」と言われることはない(車や家電についてはリサイクル法が始まったが)。ゴミ箱を設置するということはそういうことではないだろうか。

コンビニ店頭のゴミ箱は今後どうなるだろう。コンビニから出るゴミは、コンビニ業界全体の問題である。家庭から出すゴミ並みに分別が厳しくなるだろうか、それとも根拠は違うが地下鉄のようにゴミ箱自体が撤去されてしまうだろうか、はたまた料金を入れないと口が開かないゴミ箱が登場するのだろうか。

神のものは神にとのたもうたイエスならばなんと言うのだろう。

不在中の不安

  • 近頃何かとトラブルの多い飛行機が不安 (あの日からちょうど20年!)
  • 大きな地震があったので不安
  • 先日、近所で火事があったので不安
  • 植物がひからびてしまわないか不安
  • 仕事場で何かトラブルが起きないか不安

でも一番不安なのは、帰ってきたときにどれだけ体重が増えているか、ですから。残念~!

一応PCは持って行ってみるけど果たして繋がるかどうか…。

美味しいものをたくさん食べて、素敵な写真をたくさん撮ってきてくださいね。(笑)
植物の世話は・・・。
お盆休み中は雨が多いみたいです。
気温も上がらないかも。(^^ゞ

道中気をつけて。

 こんにちは、とりさん。コメントありがとうございました。

 心配した茶箪笥も無事でしたが、やはり植物がしおれかけていたのでたっぷり給水してやりました。

 ちなみに体重計には乗ってません(^^;

モルタロウで遊ぶ

mo02  この3つのオブジェは何でしょう。

イヌとか、動物みたいにも見えますね。

実はこれらは分子模型で、左から 酢酸 CH3COOH、 エタノール C25OH、 メタノール CH3OH なのです。赤い球が酸素(O)、青が炭素(C)、小さな緑のが水素(H)の原子を表しています。

mo01  これは都内の大型書店で見つけたモル・タロウ(モルタロウ)という分子模型セットなのですが、単純な分子からDNAまで作成できるという精巧さだけでなく、見た目にも美しいので、楽しみながら化学の勉強ができそうです。ただちょっと価格の高いのが難点。いろいろなセットがありますが、この基本セットは4,200円(税込み)。

4人グループに1つあれば足りるかな。中学生には難しすぎるかな…。

アーロン・ラルストン奇跡の6日間

book080809  書店で立ち読みしていて、貧血で倒れるかと思った本。

単独登山中に事故で岩に腕を挟まれて、自分で腕を切断して下山するか、そのまま息絶えるか、究極の選択を迫られたという話し。ううう、こう書いているだけでも恐ろしい。

そういえば昔もこんな本があった。検索してみたら…これだ、これだ。

『ミニヤコンカ奇跡の生還』 松田宏也 1983年

7,500mを超す山に登るも、凍傷で両手の指と両足のくるぶしから下を失ってしまう。当時自分は12歳。親が買ってきて読んでいたが、初めてページをめくるのが恐ろしいと感じた本だと思う。 彼のプロフィールはこちら

死を見つめた人の手記はどれも鉛のように重い。

テレビでやっている。

…本当に気を失ってしまいそうだ。

ぐぶぅ…

衆院解散の余波

ラジオでこんなことを言っていた。今回の衆院解散に伴い、参院を含めて審議されていた法案がすべて廃案になるそうだ。

  1. 障害者の自立に関する法案
  2. 放送局が外国企業に乗っ取られないようにする法案
  3. 14歳未満でも少年院を可能にする少年法の改正案
  4. テロの取り締まりを強化する法案

これらがすべて白紙?どれも大事そうなものばかりじゃないか。大丈夫なのかなあ。

他にもこんなにある! 第162回国会議案一覧

SPACEWARP

スペースワープ5000。

MPEG4ファイルの貼り付け練習をかねて。ちゃんと動いて見えてますか?

撮影にはSANYOのデジタルムービーカメラ、C1を使用。製品情報

SPACEWARPは1983年に発売されたそうで、この再販を喜んでいる人が結構いるけど、自分には当時の記憶がない。どうしてだろう、こんなものが売られていると知ったなら飛びついただろうに。当時は電気屋さんの店頭でBASICに没頭してた頃かな。

トラックバックありがとうございます。

親子で苦労しながら製作出来ました。でも未だに
きちんとボールは転がりませんが・・・(笑)
製作するのがなかなか難しいですね。

 ロータスヨーロッパさん、コメントありがとうございます。私は一気に作ってしまったので(4時間ぐらいかかりましたが)、制作過程が分かりやすくまとめられていたのでトラックバックさせていただきました。

 私のも、何周か順調に回ったかと思うと突然コースアウトしたりします。でもこの調整するのも楽しいですね。お子さんと一緒に楽しまれているのがうらやましいです。

『アイランド』

前回、『宇宙戦争』を見てがっかりしていたのでその口直しのつもりで見に行ったけど、期待を上回る作品だったと思う。予告編でかなりストーリーは読めてしまっていたが、それでも単純明快かつスリリングな展開を楽しむことができた。SFとしての面白さは『タイムライン』に近いかな。こちらも難しい考証は抜きにして単純に楽しめた。

さて、派手なカーアクションをよく見ていると、キャデラックのコンセプトカーなど現存する高級車が多数登場し、ロスで見たインフィニティFXやRX-8もちらりと見えた。それらの高級車を惜しみなくボッコボコにするあたりは何とも痛快(あー、もったいない)。

近未来SFということで『マイノリティ・リポート』(これは面白かった)を彷彿させたり、ホバートレインやスクーターの音はスターウォーズからのサンプリングかなと思わせたり、映画監督も大変だなあとそういう面でも楽しめる。

クローンに関する考察はいろいろ議論になっているが、あの後のクローンたちはどうなるのだろう。一見ハッピーエンドだけれども、ここからが本当の「アイランド」を求めて苦難の道かも知れない。

この日の予告編では『ハリーポッターと炎のゴブレット』、『チャーリーとチョコレート工場』が紹介されていた。『ハリー~』の方では3人の成長の様子がフラッシュで映し出され、さながら西洋版の『北の国から』のよう。

地震予知

7日早朝、千葉県を震源とする地震があった。先月、都内で大きな地震が起こり、週刊誌には巨大地震が5日に関東地方を襲うなどと書かれていたので、揺れを感じたときにはちょっと緊張したが震度3程度で済んだ。

地震予知については、地道な地殻変動の観測から前兆を見出そうとする科学者と、超常現象的な用語でなんとなく煙に巻く研究家の間の距離がかけ離れてしまっている。われわれ一般人はただただ不安になるしかない。ついには全国紙にも美しい虹の写真でも載るように「地震雲」という写真が紹介されるようになってしまった。

地震雲はたとえ見えたとしても後からあれがそうだったのかも知れないという域を超えていないが、地震の前には大気の電離状態に異常が生じるという観測はこれに比べると確かなものだ。地震雲も実験室で作り出せるかどうか、検証を待ちたい。

スマトラ島沖地震の際にも野生動物の被害が少なかったことなどから、何かしらの地震の前兆を動物が感じているのだろうと考えられるが、そういった動物実験をしているという話はあまり聞かない。あくまで地震は地中で起こるものだから、地殻の変動を察知し、瞬時に被害を計算して対策を呼びかけるシステムの開発が進められている。東北地方の小学校には、教室の前にあと何秒で震度いくつの地震が到達するという電光掲示板があるらしい。

しかし、もし予知してしまったらかえってパニックになりはしないだろうか。津波は沖に見えてから到着するまでにしばらく時間があるが、地震はそうはいかないだろう。あと30秒で震度6の地震が起こりますといわれて、平常心でいられるとは思えない。

ブログ論

ブログが誕生した背景には、HTMLで日記やコラムを書く人が多かったということがあげられるだろう。誰もが様々な事象について自分の考えを持っており、そのことを他者に伝えたいという欲求があるということだ。

一方でブログは自分がこの世に存在している、という証明になる。仮に作者がこの世を去った場合、ブログはその後も小説や音楽などの芸術と同じようにこの世に残り、サーバーが壊れない限りメッセージを発信し続ける。

さて、ブログも書けば書くほど、小説や絵画、音楽のようにその人の人となりを表すものになってくる。早くいえば文体や表現方法がワンパターンになり、よくいえば個性が見えてくる。

もう少し大きな単位で考えると、その人の年代や職業、さらには国民性や教育の程度なども現れてくるだろう。討論番組を見ていれば分かるが、議論が幼稚だったり、水掛け論だったり、それと同じようなレベルのことがブログの世界でも展開されるであろう。

モブログ練習

050329_12160001.jpg携帯から投稿

携帯から投稿後、PC上で編集。携帯からの投稿では、カテゴリーの選択や画像の回り込みなどの指定ができないみたいだ。

アジアご飯 in 愛・地球博

愛・地球博1日目、ラオス館にて。

ラープご飯 : 控えめな塩味。

laos01 

ライスヌードル炒め : 醤油ベースかな、フォーの焼きそば。ソース焼きそばではない。おいしい。

laos03

これはなんて言ったっけ… : ラープご飯に比べて味は濃いめ。自分のちょっと苦手な香草が入っているけど、でも癖になる味。なんだろう、月桂樹の葉なんだろうか。

laos02

ライスはタイ米ではなくジャポニカ米だったと思う。

それと、食べ終わった後の容器を捨てる場所が分からなくて、結局お店の人に引き取ってもらったけど、みんなどうしてたんだろう。

 一番下のは「バジルご飯」でした。

詳しくはこちら
http://www.expo2005.or.jp/jp/E0/E7/grm_053142.html

33歳ガン漂流LAST EXIT

33gan  『五体不満足』以来、久々に立ち読みしながら涙をこらえられない本に出会った。著者は自分と同い年。YMO、ガンプラ、スターウォーズ、アンダーワールドなどは私も好きで、同じ時代を生きてきた仲間だなと思う。

NHKでドキュメンタリーが放送される前日ぐらいに新聞広告で彼のことを知った。そして番組を見て、本を手にとって、何とも言いようのない空しさ、切なさで胸がいっぱいになった。

思わず誰かに何かを伝えられずにいられなくなる、そんな本だ。読書感想文にもぴったりかと。

韓国料理 in 愛・地球博

purukogi reimen yakinikudon

愛・地球博2日目もエスニックで怪しげなものを食べようと狙っていた。どのパビリオンも待ち時間が長かったので、移動しながら食べられるようなものを、と考えていた。

しかしずっと立ちっぱなしで疲れたのと、しっかり腹ごしらえをしたくなったので、韓国料理の「韓一亭」に。

写真は左から、トッポギ(もちの唐辛子煮)、冷麺、プルコギ丼。

トッポギは甘みもあるのだけど、かなり辛い。とくに油揚げを食べると辛さがもろにくる。

冷麺は麺がずいぶん少なめに見えた。麺には角がなく、色も日頃食べるものに比べて白っぽかったが、こしはしっかり。

プルコギ丼はまあ普通。でもどれもお値段が高め。

名古屋めし

愛・地球博の帰り道、新幹線の中で食べようと名古屋駅の地下街(高島屋)でひつまぶしと、味噌カツ丼と、天むすを買う。あと手羽餃子とニラまんじゅうも。

hitumabushi

ひつまぶしには山椒と万能ネギと刻みのり、さらにお茶漬け用にだろうかわさびも付いていた。

misokatsu

味噌カツのソースは甘め。お肉は柔らかくておいしかった。

tenmusu

天むすは衣に薄塩味が付いているけど、天つゆにつけたらもっと美味しいだろうな。

新幹線って結構揺れるんだね。手ぶれ防止機能のついてないデジカメで撮影したから、ちょっとブレてます。

トマトつけ麺 at 凪ラーメン

お気に入りの「凪ラーメン」。時々食べに行くけど、この時期限定でトマトつけ麺やってます。トマトを使うのが流行なんだろうか。ラーメン花月でもGTR(ガーリックトマトラーメン)なんてのをやってるし。

で、お味の方はこれが結構いける。もともとつけ麺で知られているこのお店。デュラムセモリナを含んだ縮れた麺が、トマトとバジルとニンニクの効いた全体としてはほんのり甘みのあるつけ麺独特のスープによく合う。

麺の量も一般のつけ麺が多めなのに比べると八分目でちょうどいい感じ。もちろん大盛りも可。

場所はこちら。お近くをお通りの際はぜひご賞味あれ。

BIG SPACEWARP

BIG SPACEWARP  愛・地球博、長久手日本館に陳列されていたこれは、どういう意図でそこにあるのかは分からなかったけれども、私は一人、暗がりの中で歓喜していた。

そこにあったのは SPACEWARP の巨大版。玉の大きさはピンポン球と軟式テニスボールの中間くらいか、これが時に緩やかに、時にスピーディにレールの中を転がり落ちてゆく。

動画をダウンロードして見る

私もエネルギーの移り変わりについて授業するときに、SPACEWARP を紹介しているけれども、これもそういうことなのかな。

cuboro

cuboro  愛・地球博のスイス館に行かれた方はご覧になっただろうか。出口付近に展示されていたこの積み木のおもちゃを。cuboro(クボロ/キュボロ)というそうですが、まずはこちらの動画をご覧あれ。

どうですか、「なんじゃこりゃぁ!」と思った方も多いことでしょう。これはもう買うしかない、いくらするの?と値札を見てびっくり。に、2万円!? 積み木だよね、これ。

SPACEWARP に出会ってから、ボールが転がり落ちるおもちゃに何か取り憑かれてしまった私は、これは絶対に手に入れるぞと誓うのでありました。

愛・地球博で再会

以前勤めていた会社の同僚、Takashiくんの案内で、1泊2日で愛・地球博へ行ってきた。彼とは約10年ぶりの再会だったけど、前に名古屋を案内してもらったのがついこの間のことのよう。

愛地球博会場風景 1日目は一緒にマンモスやスーパーハイビジョンなどを見て回り、翌日は仕事なのにもかかわらず夜遅くまで案内してもらった。整理券のもらい方など次の日のアドバイスもしてもらったおかげで、2日目は人気の高いトヨタ館や日立館をはじめ、多くのパビリオンを見てまわることができた。

彼がいなかったら予定の半分も見られなかっただろう。本当に感謝しています。どうもありがとう。

で、この機会にブログを立ち上げ、初トラックバックをぜひTakashiくんのところにつけさせてもらおうと思う。うまくいくかな?

Blog立ち上げおめでとう!
そして、トラックバックありがとう。初トラックバックをいただいたので、僕も初トラックバックをつけさせてもらいました。
今後ともよろしく!

お!トラックバックされてる!(感激)
どうもありがとう。なるほど、これがブログのブログたる所以なのね。

昨夜もデジカメの写真を見ながら思い出話に花が咲きました。それにしても、よく見て回ったところを細かく覚えてるねぇ、と二人で感心しきりです。

ではでは、今後ともどうぞよろしく。

とりあえず

自分の周りにもブロガーが増えてきたのと、トラックバックなるものを体験してみたくて、とりあえず立ち上げてみることに。

こういう場合、タイトルも背景もとりあえず何か決めなくてはならない。

タイトルは、「セブンティーンアイス」と「サーティーワンアイスクリーム」をもじって、「71 アイ スクリーム」。71年生まれの自分の叫び声というイメージだけど、世の中に向かって叫びたいというほどのネタもなくて、せいぜいつぶやきぐらいかな。

背景はテンプレートから。こういうのはたいてい気に入ったのが見つからないのだけど、この新作は下に行くほど暗くなっていくのが格好いい。