覚え書き:天文

この4月から現場に復帰するにあたって、ちょうど宵の明星や土星、木星が見えてくる時期なので、こんなことをしてみたい、と思いついたこと。

1.下校時の生徒に望遠鏡で見せるとき、望遠鏡にデジカメをつないで、デジカメにプロジェクターをつないで校舎に投影して、一度に多くの生徒に見せられるようにする。

2.金星の見え方の授業を行うとき、教卓の周りに生徒を集め、教卓の上に白熱球を置き、発泡スチロール球を生徒の目の前をぐるーっと半周させる。生徒は教卓を囲むように180度の半円を描くように並ばせておけば、左端の生徒の目の前に白球があるときは、右端の生徒からは遠くに満月上に見え、自分の目の前に近づくにつれて視直径は大きく、三日月上に見えてくるはずである。

残念、UNDER GROUND RAMEN

川越市今成のUNDER GROUND RAMENへ。

頑者や光ラーメンの系列らしいけど、修行用、練習用の厨房なのかな、味は普通でした。

「ガンジャラーメン」

「辛みそラーメン」

「ガンジャラーメン」は豚骨ベース。『頑者』で出てくるラーメンとは味も麺も全然別物。このネーミングはどこから来たんだろう。豚骨ではあるけれど、塩ラーメンに近いさっぱり感があります。豚骨臭いのが好きな人には物足りないだろうし、それが苦手な人にはオススメと言えば聞こえはいいけど、つまりどっちつかずな味。麺は細ちぢれ麺。

辛みそラーメンは野菜やニンニクのトッピング増量や、麺の大盛り、特盛りも無料サービス。他のラーメン、つけ麺類が大盛りは100円増しなのを考えると、あんまり人気がないのだろうか。麺は「ほうとう」を思わせる太くて固い麺。川越高校近く「みどりや」の焼きそばを思い出す。

チャーシューは分厚く、1センチぐらい。ただ、チャーシューは節系のスープで煮込んであるので、味噌ラーメンだと味が混濁してしまう感じ。「ガンジャラーメン」の卵は半熟ではなかった。

一番人気のつけ麺を食べればまた違った評価になったのかも。他の人が食べていたのを見ると、つけ麺の麺は平たくて透明感のあるように見えました。

2009年夏、2回ほど行く機会があった。

油そばと辛みそラーメン。辛みそラーメンを食べたことがあることを忘れていた。

どちらもボリュームたっぷり。食が細くなったわけではないと思うのだけど、並盛りで腹一杯になる。

隣で「特盛り」とか頼んでいる人がいてビックリ。よく食べ切れるなあ。というか、食べ始めによくこぼさずに食べられるなあ、と。

おいしいパン屋を探して 「パンのかほり」@川越

なんかおいしいものばかり探しているようですが、相方の散歩につきあって近場をほっつき歩いているうちに、とうとう車で出かけてみることになってしまいました。

これまで見つけたのは、鶴ヶ島は松が丘の交差点にある「momonga(ももんが)」。ここのは固いフランスパンにありがちな「ガリッ」ではなく、サクッとしていてとても食べやすいです。そう、ラスクのような感じかな。

もう一つは川鶴商店街の「pumpkin(パンプキン)」。こちらは色んな種類の味パンがあって、飽きさせません。日替わりなのか、抹茶バナナボートなどもあったりします。

で、肝心な「パンのかほり」はどこにあったかというと、川越の東端、総合運動公園の向こう側。
バターにはよつ葉バター、伯方の塩などの厳選素材を用いて、カスタードクリームやジャムなど、具材はすべて手作りだそうです。もっちりとしたパンが好きな方にオススメ。私はホワイトシチューパン150円がおいしかったです。

お店のHP
http://www.kahori.net/

トライシクル 洋食屋@川越

"三輪車"という名前の洋食屋さんです。川越市は菅原町、マインの裏を南に歩いていくと見えます。居酒屋「バッカス」の少し向こうの道向かい。

実はここは私の親類が住んでいてよく遊びに来たところなので、思い出深い場所です。

そんなお店で、玄米のワンプレーとランチ(相方)とパスタランチ(私)。相方のには豚肉のオレンジ煮がのってましたがこれがとても柔らかく、いい香りでおいしかったです。私のはサーモンクリームで、こちらも濃厚なソースとアルデンテなパスタの相性がばっちり。

それと特筆すべきは、ソフトドリンクの「ジンジャーエール(辛口)」。甘口もあったのだけど、どんなものか試してみたところ、ショウガ湯を冷やして炭酸にしたというか、一味唐辛子でも入っているのかなというか、風邪に効きそうでちょっと癖になりそうな味。

もし訪れたならばぜひお試しを。

お店のHP
http://www.user.kcv-net.ne.jp/~tricycle-cafe/index.html

おいしいケーキ屋さんを探して

不二家が不祥事を起こしたからと言うわけではありませんが、このところ相方と一緒に近所でおいしいケーキ屋さん探しをしています。

   

東武東上線川越市駅から西武新宿線本川越駅へ向かう道の途中にある「RICHE:リッシュ」というお店。相方がネットで見つけました。

開店6周年を迎えるらしい店構えは町のケーキ屋さんという感じだったけど、最近食べたケーキの中ではいちばんおいしかったです。甘さもしつこくなく、ふんわりとした口溶け。

ちなみに私はここしばらくサバランにはまっていて、しみ出してくる洋酒に顔がプルプル。

北海道展 '07初春の陣

けっして北海道展専門のブログではないのですが…

これは札幌豊平館のタラバガニサンド。札幌の本店は完全予約制のレストランだそうです。まさに高級な味パン。カニかまでは真似できない味でした。

おいしいバームクーヘンで有名な北菓楼が意外なことに今回初出店。そしてこれは「夢不思議」という名前のシュークリーム。甘すぎず、でもミルク感は濃厚なカスタードクリームがたっぷり。手の大きさと比べても分かるように、食べ応えも十分です。

こちらは菓子工房フラノデリスの焼きチーズタルト。最近はこれでもかとチーズの味を前面に押し出してズッシリとしたものが多い中、素朴で軽めの食感でした。一つまるまる食べられてしまいそう。

もちろんやめておきましたけども。

自宅にいながら北海道展

  

おいしいバームクーヘンがあるという話しをしていたところ、偶然相方が職場の人からそのお菓子をおみやげにもらって帰ってきた。食べてみたところ、なるほどとてもおいしい。

一切れしかもらってこなかったのであっという間になくなり、これはもっと食べたいぞ、ということでネット注文してしまいました。これまで私が注文することが多かったのに、今回は相方が自らクレジット決済。

というわけで、北菓楼のバームクーヘンと、「果樹園の6月」。これは果物かケーキか、というキャッチフレーズの通り、アップルパイのような風味なのだけどチーズケーキのようで、でもしつこくないという絶妙な味。

うまい、うますぎる、北菓楼。

北海道展も、開催されればまた出かけていってしまうのだろうけど、これからは自宅で北海道展というパターンになってゆくかも知れない。

北海道展 06年秋の巻

4月30日以来ですが、もう何回通っているか分かりません。

今回は、来週に控えた引っ越しに向け、冷蔵庫の中身を整理しているところなので、そんなに大量には買えません。

それでも、アフタヌーンティーの保冷バッグを持参し、ぎゅうぎゅう詰めにして帰ってきたのでした。

さて、まずはフラノデリスで、カフェフロマージュ1,260円。最近のチョコレートケーキはガトーショコラのように味の濃いものが多い中、こちらはほんのりふんわりとした優しいチョコケーキです。口当たりが軽いので、ぺろっと食べられてしまいます。

 

同じくフラノデリスで、いつも長蛇の列ができる、”ふらの牛乳プリン”。今回は通常の倍の大きさのものが各日限定100本であったのだけど当然売り切れており、通常サイズのこれを買うのにも20分ぐらい並ばなければなりませんでした。最後尾は催事場のフロアから階段を下って、ずーっとずーっと70~80mぐらい先でした。

次は、札幌市から「洋菓子きのとや」で、”スペシャルきのら”3個入り、945円。チラシではこれの5倍くらい栗が入っているのだけど、でもとても美味しくて、口にほおばった瞬間はマルセイのバターサンドのような洋酒の効いた香りがしました。

 

おなじみのロイズからは、”ガトーガナッシュ”。6個入り1,050円。ロッテのチョコパイのようだけど、中身がぎゅっとしていて濃厚な味。

 

プールの排水溝は位置を明示

した方がいいと思う。そういうところもあるのかな。

長かった梅雨もやっとあけたと思ったら、各地で水難事故が多発。

そんな中、悲しいかな毎年起こるのがプールの排水溝に子どもが吸い込まれてしまうと言う事故。

プールの水際のところには赤く▼印でも付けて、このしたには排水溝がありますよ、と明示し、休憩時間にはちゃんと監視員が金網に異常がないことを確認した方がいいと思う。

配点の悩み 答えか式か

こちらの新聞記事より。

三角形の面積を求めるテスト。

図を見て、式をたて、計算するわけだけど、その配点は

 1.正しい式だが計算ミス … 3点、または4点

 2.答だけ正解 … 2点

 3.正しい式で、答えも正解 … 1,2の合計点 (5または6点)

となっている。

つまり、「正しい式をたてられる」ことよりも、

「正しい答えを導ける」ことに重きがおかれている。

問2では、三角形全体を2つに分けて計算しなければらなず、

それを一度の式で表そうとすると複雑になるため、

式のほうの配点がより高くなっているものと考えられるが、

もし、計算を2度に分けて、別々の式で行っていたらどうなるのだろうか。


あるいは、三角形を取り囲む長方形から、求めるべき部分以外の

面積を計算し、長方形から差し引くなど、別な方法で解答した場合は

どうするのか。


私としては、暗算であっても正しい答えが計算できていることと、

式をたてて答えを導けることに対する配点は、同じでよいと思う。

いわゆる加重配点は、その加重に対して客観性が求められ、

説明責任が発生する。


あるいは、答えよりも式を重視すると、悲しいかな、

答えは間違っていてもいいという甘えが生まれてしまう。

これは、結果よりも過程重視という少し前までの教育の流行でもあり、

その影響が社会全体に如実に表れてきているのを感じる。