欧州紀行
欧州紀行


この日は1日パリで自由行動。しかし昼食には集合しなくてはならない。朝一番でエッフェル塔に上り、地下鉄でパンテオンへ。そこには地球の自転を証明するあるものが。

Panthéon

エッフェル塔の上から。

Basilique du Sacré-Cœur

モンマルトルの丘にあるサクレ・クール寺院。どこかで見たことあるぞと思ったら、 これ でした。

Arc de Triomphe

ナポレオンの戦歴のレリーフが埋め込まれているが、建築中に失脚してしまい、自身がくぐることはなかった。
 ロータリーは時計と反対回り。目的の街道に出て行くためにはなるべく外側を走らないといけないが、初心者はぐるぐると回らされることになるそうです。



エッフェル塔から地下鉄を乗り継いでパンテオンへ。地下鉄はドアが手動だったり、改札は入るときしかなかったり、自動券売機は使い方が分からなかったけど、乗るのが躊躇われるということはありませんでした。


1851年、フーコーはこの寺院のドーム天井から鉄球をつり下げ、それを大きく揺らした。振り子はゆっくりと揺れながら、だんだんと振動面を回転させていく。これこそ地球が回転していることの証明だったのだ。


このドームのてっぺんからピアノ線で鉄球がつり下げられています。


フーコーの振り子について、解説ボード。


ジャンヌは敬虔な農家の娘だったが、ある日「フランスを救いなさい」という天の声を聞く。


彼女は百合の旗をはためかせ勇敢に戦い、劣勢を挽回する。


王の戴冠式に列席するジャンヌ。この後の悲劇を知る由もなく。


ジャンヌの力をおそれたものたちによる陰謀により、彼女は運命の時を迎える。

安彦良和の『ジャンヌ』や映画を見て興味があったので、ここでこういう絵と出会えたことに感激。

Musée d'Orsay


ここもフラッシュをたかなければ撮影自由。でも写真を撮るときれいにとりたくなるし、そうなるとパンフレットと変わらなくなってしまう。せっかく本物を前にしたのだから、平面的な写真では伝わらないことを、と考えてこういう構図に。まるで彫刻のような筆遣いが分かります。


昔、美術ではなく国語の教科書で見たことがあったような気がします。本物を見ることは大事だけれど、何も知らないで行くよりも、どこかで何か原体験があった方がおもしろくなることは確かです。