MAZDA ATENZA
SPORT WAGON 23S / CLASSIC RED

北斗七星

SPEC OPTION LINK PHOTO

“スンスンスーン ♪ ( Zoom Zoom Zoom ) ”でおなじみ、マツダアテンザ。2002年末、それまで5年間をともにしたデミオに別れを告げ、ふたまわり大きい車に乗り換えました。 カウンタックに憧れた世代なので、黄色いスポーツタイプも捨てがたかったのですが、ディーラーにおいてあった赤いワゴンに一目惚れ。紅葉に染まる山道を試乗させてもらったときにはすでに気持ちは固まっていました。(その後、2003年の夏にはスポーツワゴンにも黄色が設定されました)

EXTERIOR

アテンザ
ヘッドライトは、外側からロービーム(HID)、ウィンカー、ダミー、スモールライト&ハイビームとなっています。
LEDウィンカー付きドアミラーカバーは板金屋さんでボディー同色化してもらいました。
アテンザ
5人乗車+荷物満載ということがよくあるので、車高は下げていません。
アテンザ
ヨコハマ製ホイール。オフセット+45は、フロントはほぼツライチ、リアはまだ少し余裕があります。
内側で光っているのはクロームハブカバー。
(アローエンタープライズ製)
アテンザ
AutoExe製マフラー。アイドリング時は静かですが、アクセルを踏み込むほどに重厚なサウンドを奏でます。


ENGINE ROOM

アテンザボンネットを開けたところ アテンザエンジンルーム拡大

タワーバー、スポーツプラグコード(赤)、アースコード(濃緑)を装着。(3点ともAutoExe製)


INTERIOR


赤で統一された照明、円をモチーフにしたボタン類がスポーツ感を醸し出します。シフトレバーにはマニュアルゲートがあり、Dモードから左へ倒すとマニュアル感覚で運転できます。奥に倒すとシフトダウン(−)、手前に引くとシフトアップ(+)になりますが、これは同じ機構をもつ多くの国産車とは逆のようです。

ステアリングの左手付近にはオーディオの音量調節、ソース切り替えなどのボタンが付いています。


メーターそのものも数字も大きめで、スポーツ感にあふれています。PRNDの下には、マニュアルモードにした時のギアがデジタルで表示されます。

   

インパネ中央部。一番上の表示は左から時計、音源ソース、エアコン情報、気温(写真では外気温)になっています。純正ナビはイグニッションキーを回すと自動で開き、キーを抜くと閉じる仕組みになっていて楽しめますが、通勤時には閉じています。

横に並ぶ3つのエアコンの送風口の下はハザードランプのスイッチ、その下はCD出し入れ口、音源ソース切り替えボタン類、選曲・選局ボタン類、MD出し入れ口、エアコン関係となっています。一番下のダイヤルは、左が風量、中央上半分がデフロスター、下が吹き出し口切り替えスイッチ、右のダイヤルが温度調節です。

夜間照明はこのとおり赤一色。メーターからシフトレバーのPRND、ウィンドウスイッチ、ナビのリモコン、フットランプに至るまで、すべて赤で統一されています。


SPEC

より詳しい情報は アテンザ公式ホームページ へどうぞ。

機体名/駆動方式アテンザスポーツワゴン 23S / FF
全長/全幅/全高 (mm)4690 / 1780 / 1440
トランスミッション4速オートマチック(マニュアルモード付き)
エンジン排気量2260cc
最高出力178ps / 6500 rpm
10.15モード燃費12.2 km/l (実際は9km台)

OPTION

これまでに取り付けたものと、検討しているもの。かつては車酔いで苦しんだ自分が、まさかこんなふうになろうとは…。

DATE 満足度 オプション名 メーカー 備 考
02.12.04
納車時
★★★BOSE 7スピーカBOSE音漏れ以外は文句なし
★★リアスポイラー純正23Zでは標準装備に
★★カーゴルームトレイ純正汚れや水には強いが荷が滑りやすい
ナビ純正必要十分かな
リアバンパーステッププレート純正ここにはあまり物をぶつけないかも
03.01.10★★アーシングAutoExeオーディオ音質、加速感アップ
★★リモコン
エンジンスターター
純正氷点下の朝晩に重宝
★★キャリパーペイント(赤)純正足元のおしゃれに
03.06.28★★★スポーツプラグコードAutoExe加速時の力強さアップ
★★ステンレスマフラーAutoExe静と動がはっきり
★★★ストラットタワーバーAutoExe切れ込むように曲がる
03.08.19★★ストリートブレーキパッドAutoExeブレーキダストの軽減
利きはソフトだがすぐに慣れる
★★クロームハブカバーarrow
enterprise
ホイールの内側でキラリ!
隠れた必須アイテムかも
★★★★ホイール
KREUZER Series V
18x7.5J+45 / BRONZE
YOKOHAMA見た目もマッチングも最高!
03.08.29★★★ウィンカー付きドアミラーカバー純正クロムメッキしかなかったのでボディー同色化してもらったが、後に純正品に交換
★★フロントハーフスポイラーm'zIFフロントマスクが精悍に
04.02.09★★キーレスエントリー純正手がふさがっているときは楽
★★オートライト純正高級感がアップ
05.10.10★★★★タイヤ ブリヂストン playz
215/45R18
ブリヂストン直進性向上、本当に運転が楽に
05.12.04★★★ウィンカー付きドアミラーカバー純正もともとボディ同色のものに交換。開閉が軽やかに
08.11.30★★★ハイビームPIAAプラズマイオンイエロー(H1 / 2500k)
★★★フォグランプCATZライジングイエロー(H1 / 2800k)
★★★ポジションランプIPFXP-09 (T10 / 6000k)
09.11.13★★★HIDCATZフェザーホワイト (D2S / 6000k)
09.12.24★★★★ローダウンサスペンションAutoExe指2本ダウン、運転感覚は車が生き返った感じ
検討中---スポーツインダクションボックスAutoExeこれで吸気・排気完成の予定

LINK

Top