Index


季節のアルバム

コンパクトカメラでオートフォーカスに頼っていた自分に、マクロズームで背景をぼかしたり、望遠写真のおもしろさを教えてくれたのは、“望顕写”というキャッチコピーで登場したCASIOのQV-8000SXでした。四季が織りなす自然の美しさを切り取るためには、広角から望遠、そしてマクロと、幅広くカバーするレンズを搭載した機種が適しています。



ご無沙汰しております

ご無沙汰しております
時間があると、やろうと思っていたことを忘れてしまうようです
A200 / 06.06.19



東京ミレナリオ

東京ミレナリオ
明治神宮への初詣並みの混雑でした
A200 / 05.12.25



天使の羽

天使の羽
姿の見えない天使が落とした羽
A200 / 05.11.19



都の紅葉

都の紅葉
紅葉の名所、永観堂にて。例年よりも色づきが遅く、山が燃えているようなという景観は望めず。
A200 / 05.11.14



中秋の名月

中秋の名月
月の影もできない街で誰がその孤独に気づくのだろうか
A200 f/2.8 1/8秒 ISO200 / 05.09.18



台風一過の夕焼け

台風一過の夕焼け
下の月が見えたときの夕空。
A200 / 05.09.01



あかね空の月と金星

あかね空の月と金星
強く風が吹き荒れた日の夕方、あかね色に染まる空に月と金星のペンダント。
A200 / 05.09.01



実るほど

実るほど
頭を垂れる、稲穂かな
A200 / 05.09.01



kaleidoscope

kaleidoscope
長時間、上を見上げることには慣れています。
愛地球博にて。
A200 / 05.08.01



肉眼黒点

肉眼黒点
今にも沈みそうな夕日を見ていたら、太陽に小さな黒い点が。
右下の枠内は、この黒点を原寸の画像から切り出したもの。
C1 / 05.04.30 18:17



アンタレスの潜入

アンタレスの潜入
さそり座のアンタレス(赤い星)が月に隠される寸前の様子。
光学×電子ズームで800mm相当。露出の違う2枚の写真を合成。
A200 / 05.03.31 0:26



青空へ

青空へ
カモメの大群に遭遇。カメラを振り回して何とか納めた1枚。
A200 / 05.03.13



夕暮れ

夕暮れ
だいぶ日がのびたものの、寒さはこれからが本番。
A200 / 05.01.13



月齢1.7の月

月齢1.7
地球の照り返しによって、月の欠けている部分が光って見えるのが「地球照」です。
A200 / 05.01.12



マックホルツ彗星とプレアデス

マックホルツ彗星とプレアデス
30秒露出したものを8枚コンポジットしました。
A200 / 05.01.09 19:45



月水金

月水金
あなたにとって月水金はどんな日ですか。
A200 / 05.01.09 6:11



オリオン大星雲付近

オリオン大星雲付近

A200 / 05.01.07 21:02



水星と金星

水星と金星
見かけ上、とても近づいて見えます。下の明るい方が金星、上が水星。画像をクリックすると、月や火星も含めた東の空の写真がでます。
A200 / 05.01.07 6:01



朝日を浴びる富士

朝日を浴びる富士
正月は天候が悪そうなので今のうちに…。
E5000 / 04.12.30



秋の散歩道

秋の散歩道
アサガオの種が集まったような、これは何の花でしょう。
C1 / 04.10.23



風に揺られて

風に揺られて
穏やかな秋の日、今日はロードレース大会。
C1 / 04.10.23



夕刻を告げる鐘

夕刻を告げる鐘
携帯電話で撮影。ちゃんとしたカメラを持ってくれば良かった、と後悔。
04.10.16



部分日食

部分日食
もうダメかとあきらめていたところ、雲間からわずかに見ることができました。
C1 / 04.10.14 11:39



太陽柱(サンピラー)

太陽柱(サンピラー)
太陽の上に、太陽ぐらいの幅で縦に伸びた光の柱が見えています。雲の中の氷の粒が、太陽の光を反射しているものです。
E5000 / 04.10.08



放課後の教室

放課後の教室

E5000 / 04.09.30



夕日を運ぶ鳥

夕日を運ぶ鳥
エジプトの壁画にありそうな、夕日をわしづかみにしている鳥のように見える雲。
E5000 / 04.09.14



手の中の光

手の中の光

E5000 / 04.08.31



流れ落ちる雨

流れ落ちる雨
中央下に雲から雨が落ちている様子が筋になって見えています。
E5000 / 04.07.30



2次的なヤコブの梯子

2次的なヤコブの梯子
通常、雲の影や光の筋は太陽から放射状に伸びて見えます。この画面中央に見える雲から左下に伸びる光は、上の雲で反射した太陽光によるものと考えられます。
E5000 / 04.07.28



暑中見舞い


E5000 / 04.07.27



二日月

二日月
買い物帰りに玄関先から
C1 / 04.07.19



金星の日面通過

金星の日面通過
雲間から太陽がのぞいた一瞬を狙って。
E5000 / 04.06.08 16:08



印象派の夕暮れ

印象派の夕暮れ
神様はある時は水彩で、ある時は油絵で空を描きます。
E5000 / 04.06.07



天女の羽衣(彩雲)

天女の羽衣(彩雲)
天女も梅雨ではなかなか衣が干せません。
E5000 (PL) / 04.06.07



幻日あらわる

幻日あらわる
太陽の両側に虹色の光芒が見えます。
E5000 (PL) / 04.06.02
幻日のページへ



ニート彗星

ニート彗星
双眼鏡でやっと見えるくらいの明るさ。
21:49 露出40秒 ISO800 (部分)
E5000 / 04.05.30



水田に夕日

水田に夕日
外秩父に沈む夕日。
E5000 / 04.05.21



遙かな武甲

遙かな武甲
新天地より思い出の地を望む。
C1 / 04.04.22



夜明け前

夜明け前
この5年間で武甲山の美しさを堪能しました。
C1 / 04.02.08



宵の明星

宵の明星
落日の光を受けて雲は赤く、孤高に光る宵の明星。
E5000(露出16秒) / 04.02.04



青空ギター

青空ギター
日曜の朝、布団を干そうと思ったら、飛行機雲が何本も。
近所からは子どもの吹くリコーダーの音が。
C1 / 04.02.01



迎春

迎春
旧年中は多くの方にアクセスしていただきありがとうございました。 新年もどうぞよろしくお願いします。
C1 / 04.01.03



霜の棘

霜の棘
落ち葉についた霜の棘。
美しいものには棘があるのか、棘があるから美しいのか…
C1 / 03.12.15



黄昏の富士

黄昏の富士
思わず車を止めてしまうほどの美しさ。
C1 / 03.12.14



宵の明星

宵の明星
夕方の空にまた金星が見え始めました。
E5000 / 03.12.03



吊し柿と月

30cmと38万km
吊し柿作りに挑戦。美しいものに距離は関係ありません。
E5000 / 03.12.02



スズランの実

スズランの実
花は鈴なりなのに、なぜか実は1つずつ。
E5000 / 03.08.31



赤とんぼ

赤とんぼ
じっとバランスをとって、何を考えているの…。
E5000 / 03.08.31



カマキリの抜け殻

カマキリの抜け殻
セミの抜け殻はよく見かけますが、カマキリのは初めてでした。
E5000 / 03.08.31



水晶玉

水晶玉
風が占いに使う水晶玉。
E5000 / 03.07.09



spider

spider
細い糸の上にちゃんと脚が乗っているのはさすがです。
E5000 / 03.07.09



海山空

海山空
大瀬崎より。
ちなみに、手前右は愛鷹(アシタカ)山。どこかで聞いたことある名前…。
E5000 / 03.03.02



雨上がりの夕焼け

雨上がりの夕焼け
E5000 / 03.02.16



迎春 迎春 迎春

迎春
正月に雪が降ったのは四十数年ぶりだとか。
E5000 / 03.01.02



白昼の金星

白昼の金星
日の出前に煌々と輝いていた金星は、昼間の青空の中でも見つけることができます。
E5000 / 02.12.15



ステンドグラスと赤いリボン

クリスマス風に
セロハンで作ったステンドグラスと、遮光用の黒いカーテンに巻き付けた赤いリボン。 教室の後ろの戸です。
E5000 / 02.12.09



龍潭寺

龍潭寺
石田三成、井伊直弼の菩提寺でもある、彦根の龍潭寺。法事にて。
E5000 / 02.11.23



車窓より 光の叫び

車窓より 光の叫び
雲から広がる光が太陽の叫びのよう。この雲も不思議で、左右一列に長く長くつながっているのです。
E5000 / 02.08.28



車窓より 富士

車窓より 富士
E5000 / 02.08.28
往き道には全く見えず、帰り道も危うく雲に隠れるところでした。



憧れのドーム

憧れのドーム
E5000 / 02.08.17
かつては国立天文台、2005年4月より地元によって運営される堂平天文台。



にわか雨の後で

にわか雨の後で
E5000 / 02.08.17
虹を、目で見たように再現するのは本当に難しい。



遠雷

遠雷
E5000 / 02.08.13
この雲の下に当たる場所では激しい雷雨なのでしょう。



稲妻

稲妻
E5000 / 02.08.01



棒高跳び

棒高跳び
昆虫界記録に挑戦



土星食

土星食
E5000 / 02.03.20
ちょうど地球から見て、土星が月の裏に隠される様子。



海峡を飛ぶカモメ

海峡を飛ぶカモメ
E5000 / 02.03



月と土星の接近

月と土星の接近
E5000 / 02.01.25
このときは土星は月に隠されず、かすめただけでした。



木星と土星

木星と土星
E5000 / 02.01.20



冬の大三角

冬の大三角
E5000 / 02.01.06
赤道儀に載せて5分露出。



月の輪

月の輪
E5000 / 02.01.01
大晦日の夜、月の周りに見えた暈。光の点は木星。



満月と木星の接近

満月と木星の接近
E5000 / 01.12.30
惑星は月に一度、月と接近しますが、とても近くをかすめることもあります。



オリオン大星雲

オリオン大星雲
E5000 / 01.12.26
ずっと天体写真が苦手だった自分が、この写真を撮れたことに感動。



上弦の月

上弦の月
E5000 / 01.12.23



昇るオリオン

昇るオリオン
E5000 / 01.12.15
新しいデジカメにして良かった、とひと安心した一枚。露出8秒



秩父夜祭り
秩父夜祭り
QV-8000SX / 01.12.03
空には豪奢な花火、地上には6台もの勇壮な山車。壮観でした。

西沢渓谷にて・1


西沢渓谷にて・3        西沢渓谷にて・2

西沢渓谷にて
上は渓谷の入り口の笛吹川。下は約2時間歩いて七ツ釜五段の滝と呼ばれるところ。左に2〜5番目、右に1〜4番目の滝が見えています。PLフィルタとワイドコンバージョンレンズをつけて、28mm相当で撮影。
QV-8000SX / 01.11.10

天空の七色        何かいいこと
天空の七色
突然、朝日をうけてあらわれた虹。
QV-8000SX / 01.11.06

色づく秋        色づく秋
色づく秋
久しぶりに何もない休日、カメラ片手に近くの公園へ。
QV-8000SX / 01.10.29

火の鳥
火の鳥
台風が去った後の夕焼け。なんとなく火の鳥を思い浮かべました。
QV-8000SX / 01.09.11

アゲハ        シジミ
昼下がりの庭にて
シジミチョウはともかく、アゲハチョウはフワフワ飛びまわって大変です。
QV-8000SX / 01.08.26

虹のドーム
虹のドーム
にわか雨が止むのを待っていた彼らの上に、虹のドーム。
QV-8000SX / 01.07.22

カタツムリ
どうも…
夕立の後で花壇の脇に現れたカタツムリ。殻の直径は3cm以上。
QV-8000SX / 01.06.07

アゲハチョウ        ミツバチ
蜜を吸う
ダイコンソウにとまるアゲハチョウと、ジュウニヒトエに頭をつっこむエミツバチ。
QV-8000SX / 01.05.04

ミヤコワスレ        スズラン
木陰にて
コントラストのある絵作りを目指して、ミヤコワスレとスズラン。
QV-8000SX / 01.05.04

笑顔で行こう
笑顔で行こう
      
なんだかみんなで大笑いしているような、ヒメジョオン。
QV-8000SX / 01.04.28

飛行機から見る夕日・1        飛行機から見る夕日・2
旅の終わりに
旅の終わりを名残惜しむかのように、飛行機は夕日の中を飛んでゆきます。
QV-8000SX / 01.03.22

朝日をあびる灯台
朝日をあびる灯台
      
朝日を受けてピンク色に染まる灯台。バックの空とともにパステルで描いたような色彩でした。残波岬にて。
QV-8000SX / 01.03.22

万座毛にて・1        万座毛にて・2
万座毛にて
名勝、万座毛。自分が立っている場所も、柵も何もない崖の上で足が震えていました。偏光フィルタ使用。
QV-8000SX / 01.03.21

残波岬の朝日        残波岬の夕日
残波岬から見る太陽
沖縄県読谷村残波岬にて。左は朝日、右は夕日。
QV-8000SX / 01.03.21

荒川と武甲山
荒川と武甲山
休日の午後、散歩の途中で撮影。武甲山は形は人工的であるけれど、様々な角度から見て楽しめる山だと思います。
QV-8000SX / 01.01.14

湯煙の武甲山
湯煙の武甲山
初雪にして大雪だった日の2日後、通勤途中の車から撮影。もやの立ちこめる中にあって、まるで武甲山が露天風呂にでも浸かっているよう。
QV-8000SX / 01.01.10

雪の結晶
雪の結晶
7日夜、関東でも初雪が降りました。去年と同じように、降り積もった雪の表面に見える雪の結晶を、マクロ&ズームで撮影。枝の部分にはふくらみのあることが分かります。
QV-8000SX / 01.01.08

初日の出
初日の出
新しい世紀が、この朝日のように夢と希望に満ちたものになることを、願わずにいられません。
QV-8000SX / 01.01.01

夕映えの富士と金星
夕映えの富士と金星
下の写真を撮った後、いったん休憩をはさんで再び外へ。小さなちぎれ雲が、ねぐらに帰る鳥の群のよう。
QV-8000SX / 00.12.26

夕暮れ
師走の夕暮れ
強風の中、日が落ちるのを待って撮影。
QV-8000SX / 00.12.26

月・木星・土星
月・木星・土星
ほぼ満月に近い月が、木星と土星のそばにありました。そのすぐ下にはおうし座のアルデバラン、更に雲の下にはオリオン座のベテルギウスが見えています。露出6秒。
QV-8000SX / 00.12.10

やぎ座の金星と天王星
やぎ座の金星と天王星
日没後に煌々と輝く宵の明星のバックにはやぎ座があったのですね。矢印の先には天王星もいました。48秒露出を8枚コンポジット
QV-8000SX / 00.12.09

月の1日の移動
月の1日の移動
2日分の写真を、金星を基準にして合成しました。月は1日でこれだけ動いています。
QV-8000SX / 00.11.29, 30

夕日を射る
夕日を射る
一度出会ってみたかった光景。今世紀最大の収穫。
QV-8000SX / 00.11.19

山の端に沈む月
山の端に沈む月
夜半には天頂で煌々と輝いていた月も、明け方にはひっそりと西に沈んでゆきます。
QV-8000SX / 00.11.13

秋の夕空七変化
秋の夕空七変化
本当にこんな色でした。雲の形も何か地上に向かって降りてくるような、異様な雰囲気です。
QV-8000SX / 00.11.10

落葉帰根
落葉帰根
落ちてなお色鮮やかな桜の葉。
QV-8000SX / 00.11.04

コスモス
草原の銀河
咲き乱れるコスモスはまるで、深宇宙にただよう銀河団のよう。
QV-8000SX / 00.10.09

皆既月食
皆既月食
本影のまん中を通過し、これまでに見たことがないほど暗くなりました。
QV-8000SX / 00.07.16

暈(かさ)
暈(かさ)
ワイドコンバージョンレンズを使用し、28mm相当で撮影。
QV-8000SX / 00.02.19

彩雲
彩雲
ふと空を見上げたら、雲の端の方がプリズムのように色づいていました。
QV-8000SX / 00.01.24

太陽柱
太陽柱
夕日が沈んで間もなく、太陽からまっすぐ上に伸びる光の帯が見えました。空中の氷の粒に反射した光で、「太陽柱」と呼ばれています。
QV-8000SX / 00.01.16

雪の金貨
雪の金貨
公園の椅子に積もった雪の表面をマクロで撮影。もちろん肉眼でも結晶の形が分かります。オレンジ色のライトに照らされてこんな色になりました。
QV-8000SX / 00.01.12

初雪の夜
初雪の夜
小さい山の上にある、誰もいない夜の公園にて。露出1秒。
QV-8000SX / 00.01.12

蝋梅
蝋梅
甘い香りを漂わせる蝋梅。
QV-8000SX / 00.01.10

露のついた梅
春を待つ
白梅のつぼみ。
QV-8000SX / 00.01.10

武甲山に登る朝日
武甲山に登る朝日
冬至も近い日曜日。下の「朝霧の武甲山」と同じ場所から。
QV-8000SX / 99.12.19

月・地球照と火星
月・地球照と火星
月の影の部分が地球によって照らされています。
QV-8000SX / 99.12.12

霜の花
霜の花
朝、砂場の表面に咲いた霜の花。
QV-8000SX / 99.12.4

何という花でしょう
落ち葉に埋もれて
吹き溜まりの落ち葉に埋もれながらも日の光を一身に浴びようとしている花。落ち葉とのコントラストが美しい。
QV-8000SX / 99.11.26

霧の日の武甲山
朝霧の武甲山
濃霧の朝、街の上にまるでドライアイスを流し込んだような霧の向こうで武甲山が朝日を浴びていました。
QV-8000SX / 99.11.25

夕焼け

夕焼け
下の幻日の後に見られた夕焼け。
QV-8000SX / 99.11.17

幻日

幻日現る
西の空にいかにも雪を降らしそうな雲があったとき、太陽の左側に幻日が現れました。虹が雨粒による光の屈折・反射であるのに対し、幻日は氷の粒による光の屈折でできます。
QV-8000SX / 99.11.17

秋の雲と飛行機雲

秋の雲
秋らしい刷毛ではいたような雲をバックに、飛行機が雲を引いていました。望遠で撮影。
QV-8000SX / 99.11.6

明けの明星

明けの明星
夜明け直前、東雲たなびく空高く孤高に輝く明けの明星。8秒露出。
QV-8000SX / 99.10.29


Index Top